« 流罪の地へ初 | Main | 小さな負債をバカにしない »

身近な中上級がいい

午後、知人の画家の個展に行く。
近頃の美術展は少し高名の作家のものは大混雑するのが普通。私は混雑や行列が大嫌いなので、そういうところに足を向けることはない。
それは飲食も同じ。どんなに評判が良くても、並んで食べることはしない。予約必須のところも行かない。
質を問わないわけではないが、行列しなければ接せられない最高級より、いつでも接せられる、あるいは顔が見える相手による中上級がいい。あれ、これってAKBの思想のような。まあいい。

個展の会場は洒落たカフェ。しかし飲食の注文をしなくても鑑賞ができた。ありがたし。
彼の個展は4年ぶりくらいか。開催するたびにタッチが変わっている。今回は水彩画。
一枚購入。まもなくアミダステーションに展示の予定。

|

« 流罪の地へ初 | Main | 小さな負債をバカにしない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 流罪の地へ初 | Main | 小さな負債をバカにしない »