« 直らなかった | Main | 流れがいい »

SPはしっかり持つのが正しい

関東地域梅雨入り。

朝ドラ『エール』で二階堂ふみのレコードの扱いが雑だとネットで話題になっていた。盤面に触れてしまっていると。
二階堂は年代から、レコードの扱いを知っているわけがないという反応もあったが、興味深かったコメントがあった。「SPはあれでいい」。
LPは盤面に触れないのが常識。溝を傷つけたり埃を埋めたりしないため。しかしSPは固くて反面割れやすいため、しっかり掴むのが正しいのだと。ほう。なるほど。
レコードの正しい保管法もつい最近知った。SPレコードは立てるのではなく寝かせて保存する。立てると歪みの原因になるし、倒して割ってしまう恐れもある。LPも寝かせた方がいいのだと。知らなかった。SPもLPも立てるものとばっかり思っていた。陽のあたるところにLPを寝かせて歪ませてしまった経験があるからでもあるが、あれは寝かせたのが悪かったのではなく、陽があたるところに放置したのがいけなかったのだ。

久しぶりにレコードをかけた。するとハム音が大きく鳴る。なんだこれは。
ちゃんとアースはとっている。どこか接触不良だろうか。
点検改善をしたいが今は余裕がない。

|

« 直らなかった | Main | 流れがいい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 直らなかった | Main | 流れがいい »