« June 2020 | Main | August 2020 »

見る見るうちに買われていった

NHKの朝のテレビ番組『あさイチ 』に絵本作家のヨシタケシンスケ氏がゲスト。
話が面白いのにびっくりした。特にとてもネガティブなところ。それを周りに笑わせてしまうところ。

番組中に氏が好きな本が数冊紹介された。放送中にそれらをAmazonで検索してみた。すると出品されていた中古本が次々にアッというまに売れていった。

以前にも同様なことがあった。この番組はゲストが好きな本を紹介することがたびたびある。紹介された本はたちまち売れていく。
『あさイチ』の影響力、恐るべし。同時に、紹介された本をすぐに購入行動をとる『あさイチ』の視聴者の質の良さにも感心。

| | Comments (0)

ドラマを観て驚愕

テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』をAmazon primeで初めてちゃんと見た。
ブームになったのは納得。登場人物の全員が実に魅力的。そのそれぞれがハッピーエンドだったのも嬉しかった。放送から4年近く経って遅ればせながら大変に楽しませてもらった。感謝。

ひとつものすごく驚いたことがあった。この番組のオープニング曲「進め、たまに逃げても」が私の記憶に全くないこと。
クロージング曲の「恋」は「恋ダンス」と一緒に大ヒットし紅白でも歌われた。ドラマを一話も観ていない私もこの歌とダンスだけは知っている。が、同じ番組のオープニング曲が全く流通していない。
これ、歌っているチャラン・ポ・ランタンはさぞ、さぞ、悔しかっただろうと想像する。

| | Comments (0)

初のリモート講義

夜、東京仏教学院、今期初講義。
うちの書斎からMacに向けて話す。学生たちはミュートにしているので反応が聞こえない。なんとなく部屋で独り言を言っている気になる。
次回もリモートの予定。
秋からは対面に移行すると聞いている。そうなってほしい。秋から私が予定しいる講義内容はリモートでは不可能。

| | Comments (0)

あれは実在したのだろうか

私は石鹸の匂いが好き。正確には、かつての石鹸の匂いが好き。
今流通している石鹸の匂いは私の好みではない。今の石鹸はどれも高級っぽい香りがする。そうじゃなくて、昔の、清潔感と素朴さだけで出来ているような香りがいいんだが、どこにもない。
もしかしたら、私が頭の中で捏造した香りなのかもしれないとも思う。先日のジョーコッカーの歌のように。

| | Comments (0)

国王を捨てた二人

延立寺法話会。
コロナ対策をしながらの開催。皆さまにはマスクを着用していただく。離して設置した椅子はほぼ埋まった。

ご講師は松戸高林寺から菅原智之ご住職。マウスシールド着用で登壇。
お釈迦さまのお話をいただいた。ゴータマ・シッダールタはブッダになる前は国王。政治家だったということの意味は小さくない。政治家として無能だったわけではなかっただろう。国が荒れていたという記録はない。しかしゴータマは納得できなかった。
それは阿弥陀仏も同じ。阿弥陀仏になる前の法蔵菩薩も国王だった。
政治から仏教への流れというのはもっと意識化されていい。大切な視点をいただいた。

| | Comments (0)

ワンスターをやめた

スニーカーを買った。靴を買ったのは何年ぶりだろう。記憶にないくらい久しぶり。
スニーカーは白地に黒星のレザーワンスターと決めていた。40年これ一筋。
ワンスターは私にとって別格だった。一択だった。なんて美しいのだろうと思っていた。
その気持ちが急に薄れた。いや、美しいという気持ちに変わりはない。しかしそれを自分が履かなくてもいい。現在の販売価格が高くなったことも気持ちが離れた原因。これに2万円かける気はしない。

今日買ったのはキャンバス地の黒のコンバース。5000円。レザーに比べると細身で窮屈に感じる。
それより気になるのが、雨ですべること。
特に、点字ブロックが危ない。

| | Comments (0)

記憶の謎

不安定な天気。本降りの雨が降ったり止んだり。納骨法要があったが、はかったように納骨の時間だけ雨があがった。

混乱している。
書斎のアンプを替え、レコードが正常に使えるようになって、久々にジョー・コッカーの 「You are so beautiful」を聴きたくなり、LPを取り出した。『LAXURY YOU CAN AFFORD』。AB面を通して最後まで聴く。あれ?「You are so beautiful」がかからない。ジャケットを見直して驚愕。この盤に「You are so beautiful」が収録されていない!
私はジョー・コッカーのレコードは大学時代に買ったこれ1枚しか持っていない。彼のCDは1枚も持っていない。しかし彼の曲で私が一番好きで一番良く聴いたのは間違いなく「You are so beautiful」。それを私はこの盤で聴いていたと今の今まで思い込んでいた。
じゃあ私はこの曲をどこで聴いたんだ。ネットで検索すると、この曲はいろいろな映画の挿入歌になっている。が、それらのどれ1本として私は観ていない。
この私の記憶はいったい何なんだ。まるでパラレルワールドに放り込まれた気分。認知症になったときの不安ってこんな感じだろうか。

| | Comments (0)

メイン交代

オリンピック、もしやってたら涼しくてよかったんじゃないか。

書斎のオーディオのアンプを入れ替えた。
これまで使っていたのはローテルのセパレート。普及機でしかも30年選手だが、パワーアンプをダブル使いとそれなりの物量勝負。堂々たる音を出していた。
それが先日から、パワーアンプの片側一台が不調に。音が断続的になる。
たぶん修理は可能だが、さすがにもういいでしょう。で、これを外して正常なもう一台をステレオで使おうか。いやそれなら、今本堂でなかなか出番がないローテルのプリメインアンプの方がずっと優位になる。セパレートは内蔵ヘッドアンプ不調によりレコードがちゃんと聴けなかったのも解決する。
プリメインアンプは以前は寝室で使っていたが、そちらでは相棒のチューナーが壊れてしまい、そのとばっちりをうけてマランツのレシーバーに座を奪われたまま本堂で隠居同然になっていた。その補欠が一躍メインに。
ローテルのセパレートは本堂に移ってもらった。活躍の場面は少なくなるが、補欠でもまだまだ現役。

| | Comments (0)

靴がカビまみれ

雨が続く。

玄関の靴棚に置いていた靴がカビだらけなことに気付いた。
ここ、風通しはかなりいい。ここに置いてさえカビるのか。

不思議なのは、同じ棚に並べている革靴でもカビが生えているのと全く生えていないものがある。
ワークブーツのように、皮の風合いを残したものはカビだらけ。染色した加工度の高いものにカビはない。染色に防カビ効果があるのだろうか。

| | Comments (0)

OSは合わせた方がいいぞ

MacBookに想定外の不具合がないので、メインに使っているMacBook Proを最新OSのCatalina化。
すると,MacBookとMacBook Proの間の連携がうまく行かなかった部分が解消された。
サブとメインのOSは合わせた方が絶対にいい。替えるなら様子見などしないで一緒に替えるべき。いまさらながらに勉強になった。

| | Comments (0)

ポチッとしてしまった

知りあいのメッセンジャーから送られてきたスパム動画をつい再生してしまった。
いや、再生まで至っていない。ポチッと押した瞬間にヤバイっと気付いて動画を閉じた。
今までも同様のスパムを送られてきたことはあった。それらに引っかかったことはない。
しかし今回は相手とタイミングが絶妙に合致した。こんなことを言いそうな人から言いそうなタイミングで届いたのだ。

慌てて検索してみると、この手の奴は動画でIDやパスワードの入力を求めるらしい。もちろんそんなことをしていないので大過はないと思うが、中には最初の1ポチだけでこちらの情報を読み取ってしまう高性能というかたちの悪いスパムもあるようで、用心のためにパスワードの変更をした。
それから気分がどーんと落ち込んでいる。何もないことを願う。忘れたころに悪さをするケースもあるらしく。
あー、バカやった。振り込め詐欺に引っかかった人が自己嫌悪で鬱になることがあると聞いたが、分かる。

| | Comments (0)

初日に壊した

先日、愛用の傘を紛失した。さんざん使って壊れていたこともあって悔いはない。新しい傘を買う良いきっかけとも思った。
新しい傘はAmazonで探した。折畳みで、そこそこの直径があって、目方は軽い方で、できるだけ安いもの。
で、選んで注文した。届いたのは想像より大ぶりだがまあいい。
それを本日初めて持参した。
移動は車。傘が必要なのは駐車場からご門徒宅のマンションの入り口まで。
車を駐車場にとめ、開いたドアと車体の間に傘を開いて挿した。
車を降りて経本他の荷物を取り出し、ドアを閉めた。傘の柄が挟まったまま。当然、ぐにゃっと曲がります。
元に戻そうとしてもダメ。傘としては使えるが、柄が短く収まらなくなったので折畳み傘としてはだめ。
車の中の置き傘として使うことにする。はー。

| | Comments (0)

不要不急だったのに

境内でミンミンゼミが鳴いている。今シーズン初めて聞いたような。
久々に晴れた。暑い。

書庫の本棚を見ていて違和感。シリーズで揃えている中の一巻が欠けている。買っていないわけはない。しかしいつからないのだろう。誰かに貸したままにしてしまったのだろうか。
ずーっと気にならなかったのに、気づいてしまったら気になる。メルカリで検索したら、安価で出品されていたので買ってしまった。それが今日届いた。それを棚に挿した。ら、同じ本がすぐ下の棚から発見。すぐ脇に置いたままにしていたのだ。ここ、確かに探したのに目に入らなかった。なぜだ。
送料込み300円と安価だったでダメージは少ないが、不要不急の買い物の極み。

| | Comments (0)

今こそ平和祈念

午後、八王子市仏教会主催による平和祈念法要出仕。
本来は今日は浅川沿いでとうろう流しをするはずだった。新型コロナの影響で中止。
とうろう流しはしないが、平和祈念の法要だけはと、仏教会会長のお寺で勤修。それを録画してネットに流す。

「平和祈念」と題しているのはこの法要が八王子空襲被災者50回忌から始まったため。
それ以来、過去の戦争だけでなく、自然災害被災者の追悼の意味も加味してきたが、今年は新型コロナによって人が分断される様が繰り広げられた。こんな今だから「平和祈念」法要の意味はあると思う。

| | Comments (0)

いまさらながらにアップグレード

MacBookのMac OSを現行最新のCatalinaにアップグレードした。
リリースされたのが昨年10月。すぐにアップグレードした人の反応を見ていると今回は久々に不具合報告が多かった。特にプリンター関係で困っている人が多数。で,私はずっと見送っていた。新しく登載された機能に興味もなかったし。
リリースからはや9ヶ月。もういいんじゃないか。というか、次のアップグレードリリースがもうアナウンスされている。
用心して、メインのMacBook ProではなくサブのMacBookをアップグレード。いくつかのアプリが使えなくなったのは想定内。これでちょっと様子を見てみる。

| | Comments (0)

警察に届けない方がいいこともある

Book offでの会計時、スマホにインストールしてあるbookoffの会員証を開こうとして、スマホが手元にないことに気付いた。
どこで落とした?可能性があるのは、ここの前に寄った駐車場。戻ってみると私が停めていた場所の地面にはない。嗚呼、と絶望しかけたとき、ふと見た駐車場の塀の上に私のスマホが置いてあった。
あー、助かった。地面に落ちていたのを見つけたどなたかが、塀の上に乗せておいてくれたのだ。
私は落とし物を見つけた時には、ほぼ迷いない近くの交番に届ける。しかし、その場に置いておいた方が親切な場合もあるのだと勉強になった。

いい方に見つけてもらったのもラッキー。加えて、私がBook offに寄ったのもラッキーだった、あそこで会計をしようとしなければ、スマホを落としたことをおそらく翌朝まで気づかなかっただろう。そうなったら私の手にスマホが戻ったかどうかも怪しい。

| | Comments (0)

○も×もない

お盆参りに行く途中の車の中で聞いた伊集院光のラジオでの話。
ゲストは國村隼。
『ブラックレイン』に出演したときのエピソード。
リドニー・スコット監督はどのシーンもカメラを4台で7テイク撮った。OKもNGもなく。最初、國村氏はどのテイクも自分が考える最善の演技をしたが、4テイク目くらいで監督から「さっきから同じことをしているがなぜだ?」と訊かれたという。そうして初めて、監督はこちらの引き出しの多さを期待しているのだと知る。○も×もないのだと。それを体験してから、誰かの頭の中にある正解に寄せようとしなくていいのだと思うようになった。それでずいぶん楽になったと。

| | Comments (0)

何か忘れている気はしていた

何か忘れている気がしていた。それを今日思い出した。
税金を払うのを忘れていた。私の給料の源泉徴収税。延立寺は支給人員が常時10人未満なので半年ごとにまとめて払っている。今年前期の納付期限が7月10日。確定申告締切が1ヶ月伸びた今年は源泉納付延滞も大目に見てくれないかとほんの少し期待している。

市民税都民税の納付も忘れていた。源泉と一緒に本日納付。

| | Comments (0)

時短は生活をつまらなくする

ネット配信でテレビドラマの『半沢直樹』旧シリーズを一気観。新シリーズの予習をかねて。
あれだけ話題になった旧シリーズだが、私は全10話のうち、最終回とその前の回の2回分しか観ていなかった。
それでだいたいのストーリーは把握できていたが、全部観るとやはり最後の重さが全然違う。

これ、放送時には一話ごとの間に一週間の時間が挟まっていたのだよな。当り前だが。つまり楽しめた時間がそれだけ長かったということ。
それだけの時間を経た後のあの最終回のカタルシスはさぞ。
時間の節約はいいことばかりではない。

| | Comments (0)

戻りつつある日常

延立寺盂蘭盆会勤修。
席の間を空けて。換気のために窓を開けていたがちょっと蒸し暑くなってきたので冷房に切り替えた。
例年より少数のご参詣数だが、まあ上等。だんだんと日常に戻りつつある。

| | Comments (0)

流れになかったもので

ヒグラシが鳴いている。例年よりかなり遅いような。

延立寺の客間の片隅にストーブを出したまま。片づけるタイミングを逸してしまった。
例年だと暖房機を片づけるのは5月の宗祖降誕会の時。掃除や荘厳の一環として。それが今年は新型コロナの影響で降誕会を勤修しなかった。そのために暖房機を片づける流れにならなかったのだ。部屋の片隅に置いたらそこそこ邪魔ではないので今日に至ってしまった。これはもうこれでいいか。

そういえば愛車のタイヤもスタッドレスをはいたままで替えていない。これももうこれでいいか。

| | Comments (0)

歌舞伎揚げに異物

顎が痛い。理由は、歌舞伎揚げ。「こわれ歌舞伎揚げ」というやつ。その中に、やたらと固い粒が隠れている。
口から出してみると、一辺が3ミリ程度の白い立方体。どうも工業部品ではない。餅のような。
私は歯は丈夫なほうだと思う。しかしこの物体をかみ砕くことはできなかった。しかもいつくもある。歯はダメージはなかったが、顎の筋肉を酷使してしまった。
これ、不良品じゃないのか。メーカーに苦情を入れようかと真面目に考えたがやめておいた。

| | Comments (0)

久々の新川デリー

午前、某相談を受ける。
会う前は私ができることは何もないと思ったが、会って話を聞いてみると私にも力になることはあるかもと思えてきた。会うことは大事。

昼食を久々に新川デリーでとる。
カウンターが一席ごとにアクリル板で仕切られている。特に圧迫感は感じない。
注文したのはスペシャルカシミールカレーの辛口。実に美味しい。
新川デリーとエチオピアがあってくれるおかげで私は生き延びていられるというのは誇張でも冗談でもない。

| | Comments (0)

『はぐれ雲』ご寄付いただきました

午後、友人が来寺。
コミック『はぐれ雲』を第1巻から40巻までご寄付いただいた。全112巻なのでこれでも3分の1。

『はぐれ雲』を私は連載の第1回から読んでいる。当時は『ビックコミックオリジナル』を毎号買っていたのだ。当時私は高校生。雑誌本来の読者対象は若年社会人だと思う。同時期に連載されていたのは『あぶさん』『三丁目の夕日』『夜光虫』・・・穏健な作品が並んだ同誌を好むなんてオヤジ臭い高校生だな。たしか買い始めたきっかけは楳図かずおの『闇のアルバム』目当てだった気がする。

『はぐれ雲』はさっそくアミダステーション2階に並べた。どうぞお読みください。

| | Comments (0)

良いと思ったらそう伝えよう

午後、某ものづくり会議。

そこで作っている制作物について、お褒めの投書をいただいた。
これまでにも反応はいつくか頂戴しているが否定的なものが多かったので素直に嬉しい。

自分を考えてみても何か投書をするときは文句がある時で、わざわざ褒める投書をすることはまずない。
しかし褒められた方が制作者の力になることは明白。それに、発言する少数者の意見に反応することが、黙っている多数者の満足を損なうという可能性もある。
いいと思ったものは褒めの声をかける。いいと思った店にはちゃんと通う。それが世界をより住みやすく快適にする第一の方法に違いない。

| | Comments (0)

意味のない数字

午後、某会議。
リアル会議。今日は会議後に暑気払い懇親会が予定されていた。私も参加の予定だったが急に別件の仕事が入ったため当日で恐縮だがキャンセルさせてもらった。新型コロナの東京都の感染者数が激増したことが理由だろうと思われたふしがある。まあそれでもいい。

にしても、この感染者数の増え方はどうだ。検査数が増えたのが第一の理由だろう。
本当に感染者数だけ見ても何の意味もない。報道側もそれくらい分かっているはずだが説明不足のまま数字だけ報じる。どういうつもりだ。

| | Comments (0)

世間とはっきりズレている

東京都知事選。
小池圧勝。小池が勝つとは思っていたが、ここまでの数字が出るとは思っていなかった。本当に私は世間からズレている。
票の分析を見ると高齢になるにしたがって小池支持が多くなる。これは情報源がテレビだからだろうか。

| | Comments (0)

燭台が元だった

夕方、Zoom会議。やはりリアルに集るより効率的。

テレビのクイズ番組で、「灯台もと暗し」ということわざの元となった事象は、燭台と浜辺の灯台のどちらか、という問題が出た。
私は迷うことなく浜辺の灯台を選択した。しかし正解は燭台。
え?燭台のもとってそんなに暗くないですよ。それに対して、海の灯台のもとは真っ暗。
いやいや比べればそうだけど、燭台だけを見たならば、上部より下部が暗いのも確かだし、ことわざに登場するような物はそれなりに歴史があるものだろう。

| | Comments (0)

従来型古本屋的に

京王八王子駅近くのブックオフに久々に寄った。
宗教書の棚に、いい本が並んでいた。
購入しようと手に取ってびっくりした。価格が定価。
私がもっともブックオフに通っていた時は、値段は半額が基本、一定期間売れなかったら100円均一の棚に移っていた。
現在のブックオフの値付けは、発売直後は2割引程度。初版発行から時間が経つと割引率が大きくなる。ふつうの古本屋的になっているとは思っていた。
しかし定価販売の本は初めて見た。
これ、新刊書店には並んでいない。絶版書。他所の古書店ではプレミア価格で販売している。だから定価でも高くはない。
ブックオフも本によってプレミア価格をつけるようになったのか。「新古書店」というカテゴリーから、だんだん普通の古本屋的に寄ってきた。悪いことではない。

| | Comments (0)

宝を起こした

読書室「ミラクル」店番。

読書室なので、店番もパソコン仕事などはしないで本を読んでいることが望ましい。
で、私が選んだのは『阿・吽』。
この本、買ったのは1年以上前だったはず。誰か(それも覚えていない)
めが高評価していたのにつられて買ったものの本棚に積んだままにしていた。
・・・凄い。大力作であり、傑作。
棚に宝が眠っていた。というか眠らせていた。起こしたのは幸い。
私の本棚には同じく、眠らせている宝が間違いなくいくつもある。彼らのどれだけを目覚めさせることがこれからできるだろう。

| | Comments (0)

テレビは情報源ではない

もう7月・・・。

午後、アーユス理事会。任期満了に伴い、理事長と副理事長が選出された。理事長は私。

私の情報源は何かと問われて考えた。
ネットが6割。その中には新聞と雑誌も含まれる。
それ以外だとラジオが2割、書籍が1割、口込みが1割くらいか。書籍が1割というのは小さいような印象になるが、書籍は情報源というより深堀りとか裏付けの位置づけになる。
割合はいいかげんだが、要素としてはこれらで尽きる。ということは、テレビは現在の私に情報源ではまったくなくなっている。

| | Comments (0)

« June 2020 | Main | August 2020 »