« August 2020 | Main | October 2020 »

期待も信頼もしているが

午前、某大学の教授と会談。
教授のご専門は福祉なのだが、そこに通う学生たちに福祉サークルが伝統的にないと聞いてちょっと意外だった。専門のことをちょっと実践的にとか自分の好きなように関わってみようとか思わないのか。専門の勉強をしているのだからサークルは専門外のことをしたいということなのか。バイトが忙しくて余裕がないのか。

どうも今の大学生には想像が及ばない。自分の子どもよりも歳下になってしまって。彼らが私の学生時代よりはるかに真面目で優秀だということは疑いなく、期待も信頼もしているが。あ、優秀だから想像が及ばないのか。

| | Comments (0)

誤読

昨日、会議後に気がついた。会議の資料を私は誤読していた。その上で「こんな文章では誤解されますよ」と持論を主張した。いやいや誤解しているのは私だった。
ま、私が誤読するということは他の人も誤読する可能性はあるので結果的には同じことになるのだが。あー、
恥ずかしい。ちょっと凹む。

そんな今日は私の誕生日。60歳。還暦。大台。けっこう感慨深い。

| | Comments (0)

移動を慶ぶ

本日からTBSラジオの夕方に「session」が移動してきた。
まさに移動。22時からやっていたそのまんまを15時半からやっている。嬉しい。22時から24時というのは私の一番眠い時間なので。
ただし変わったところもある。第一に、番組中にラジオショッピングが入るところ。
ここにはメインパーソナリティーの荻上チキは出ない。サブの南部広美が一人で対応する。安心した。そりゃ荻上チキに「えー、そんなお得なんですか〜」なんてやらせられるわけがない。というか、武田砂鉄、よくやってたな。

| | Comments (0)

なぜか押し払い

昨日、車で首都高に乗った。料金所で料金を払おうとすると、係員が怪訝な顔をしている。「ETCカードを認識していますよ」。え?そんなはずはない。先日この車を知人に貸した時にカードを出して、そのままになっているはず。車に登載しているETCの機械を見ても、カードはささっていない。
訝しがる係員に押し付けるように料金を払った。
で、走行中に一応機械を探ってみるとカードが中から飛び出した。あらま。
なぜか思い込みで、機械にカードを挿入したときにはカードの頭が見えているものと勘違いしていた。
で、二重払い。押し売りではなく押し払い。
説明すれば返還もされるように思うが面倒。NEXCOにはいつもお世話になっているので寄付します。

| | Comments (0)

久々に2時間超え

月末のゴトー日の金曜の雨天。いやー、渋滞の条件が揃っていたことに思い至らなかった。延立寺を8時15分に出て赤坂に着いたのが10時半。堂々の2時間超え。運転して疲れたのも久しぶり。

夕方、アーユスミーティング。
その後にアーユス事務局員に私の誕生日のお祝いをしてもらう。
小さなホールケーキを5人でいただき、近所のレストランから料理をテイクアウト。
舐めていたがけっこう美味しい。ご馳走。ありがたい。

| | Comments (0)

オンラインで分かち合い

毎月第4木曜には「自死・自殺に向き合う僧侶の会」が主催で、自死遺族の分かち合いの会を築地本願寺で開いてきた。それがこのコロナ禍により3月からずっと開けないでいた。
開催の問い合わせいただきながら忸怩たる思いもしていた中、オンラインでの茶話会の可能性を模索してきた。
それを本日実施。
予約制にしてオンライン上で班別にもした。
実施してみると、待ち望んでいたという声もあり、海外からオンラインだから参加できたという声もあり。

| | Comments (0)

警察もご苦労

彼岸参り。少々肌寒いくらい。

本日のお通夜、施主は警察にお勤め。
新型コロナの影響がとても大きいと伺った。
たとえば誰かがひとり自宅で亡くなったと連絡が入ったら。
これまでは特に用心をすることなく現場に入った。
それが今年は完全防備で現場に入る。新型コロナが関係しているかはその場では分からない。だから現場検証を終えて署に戻ればすべて着替える。以前よりかかる手間時間が4倍以上だと。
いやー大変。

| | Comments (0)

2020秋彼岸中日

彼岸中日。ツクツクホウシがまだ鳴いている。
彼岸法要の法話は私が務めた。『悔しみノート』と『歎異抄』を題材に。自己開示のすくいについて。
『悔しみノート』はジェーンスーさんのラジオ番組から生まれた。優れた芸術芸能作品への悔しみを綴った文集。
そこから私は『歎異抄』の中で唯円が「浄土に行く喜びが湧かない」と告白したことを思い出した。
これまで私はこの場面にそれほど惹かれなかった。唯円の告白は当然のことを言ったまでだと感じていたからだ。しかし改めてその場面を考えると、唯円の告白には大変な勇気が必要だったと想像する。いや、告白するまでの唯円の逡巡、劣等感、コンプレックスはいかばかりだったかと想像する。それを表白できたときにすでに救いは完成していたのだ。

連休最終日。

| | Comments (0)

明らかに人が動き出した

交通情報によると、中央道大渋滞。上野原を先頭に新宿まで。影響で圏央道も。連休初日より酷い。そのせいかお参りの数も少ない。
公共交通機関を避けて車での移動を選択する人が多いからとも考えられる。

『半沢直樹』の最終回を前に、これまでの放送回の無料配信がされている。おかげで見逃していた回を観た上で最終回に臨むことができた。
面白いよねえ。大袈裟な演出、無理無理なストーリー。ああ、これは時代劇だったのだと今更ながらに納得した。時代劇が廃れて久しい。大河ドラマは人気だけどあれは時代劇とは言い難い。では時代劇たる要件は何かと考えるとリアリティのなさだろう。確信的にリアリティを犠牲にして、得られるものがある。それは何か。

| | Comments (0)

執着心が薄れた訳は

車の渋滞は昨日と比べるとかなり流れている模様。

うちの物置には、役立たずのモノがかなり場所を取っている。かつて愛用していたオーディオ機器、テレビ、パソコン。愛着もあるそれらを、少しずつ処分し始めている。なぜか執着心が薄れてきたのは事実。悟りに近づいているのか。気力体力が落ちてきただけなのか。いやただスペースがなくなったという物理的な理由が第一かも。

| | Comments (0)

2020秋彼岸の入り

彼岸の入り。4連休初日。中央道大渋滞。ずいぶん時間をかけて都心からお見えの方あり。お疲れさまでした。
このお彼岸はお参りされる方の数は例年並になった印象。

夕方、ヒグラシが鳴いている。いいものである。そろそろ最後か。

| | Comments (0)

千鳥ケ淵全戦没者追悼法要ネット配信

例年9月18日は本願寺派主催による国立千鳥ケ淵戦没者墓苑での全戦没者追悼法要。
今年は参拝者を入れずに内輪で勤修しネット配信。
私は毎年参拝しているが、今年は葬式が入ったこともあって、ネット参拝もしなかった。

葬式は新型コロナの影響で家族のみ、火葬場で。短時間で。
それでもお勤めをしたことで喜んでいただけた。

| | Comments (0)

彼岸花すべりこみ

遅れていた彼岸花が急に伸び出した。あさってから彼岸。なんと正確なことか。

例年、9月17日は要築地本願寺でへいわフォーラムと題した集いを開催している。翌18日に国立千鳥ケ淵墓苑で営まれる本願寺派主催の全戦没者追悼法に連動して。

しかし今年は人集めができないために映像配信をもってへいわフォーラムとした。内容は「ドキュメンタリー 沖縄戦」の太田隆文監督へのインタビュー。
太田監督は本願寺派寺院の出身だった。
当初は「ドキュメンタリー 沖縄戦」をそのまま配信する予定だった。この映画、制作は浄土真宗本願寺派だが、なぜか劇場公開をしないで寺院関係へ教材として配布するのみという方針で、監督が強く反発していた。
それが劇場での一般公開が決まった。配信ができなくなったが、一般公開された方がよかったのは言うまでもない。

| | Comments (0)

完全に彼岸モード

平日なのに今週は墓参の人が続く。
もう完全に彼岸モード。
春彼岸やお盆の墓参を控えた人が早めにお参りされているのかも。

午後、西八王子の読書室ミラクルで店番。
読書のお客さまがおひとりと、野菜購入のお客さまがおひとり。
少ーしずつ存在が知られるようになったか。

夕方、zoomにて 八王子市仏教会の会議。
来年春の花まつりについて。
その前に営む涅槃会も同じく、できるかどうかではなく、どうやるか、というのが出発点。
若い優秀な僧侶が集っていることを頼もしく思う。

| | Comments (0)

新型コロナで墓参数半減

昨日からNHKの朝ドラ『エール』の本放送が再開された。
岡部が実にいい。梅役の森七菜ってとても注目されている女優だったんだ。
なんか、しあわせなドラマだな。

延立寺墓地に設置してあるモノレールは半年ごとに定期点検をしている。
本日点検。いつもと比べて稼働回数が半分だった。たしかに法事はキャンセル続きだったものの墓参はそれほど変わらない印象があったが、そうじゃなかった。半減。

| | Comments (0)

トイチ以上

税務署から不納付加算税通知が届いた。源泉徴収税。7月10日までに収めるのを忘れて、収めたのが7月14日。4日遅れ。その分の加算税,先に払った額の5%。え?4日で5%?トイチよりもっと高い。ちょっとそれアコギじゃないの。
ネットで検索してみると、納付期限を過ぎてしまった場合の不納付加算税は日数に関係なく5%。督促後だと10%。はー。
いいです。授業料として収めます。どうぞ有効にお使いください。

| | Comments (0)

同じような広告ばっかり

本日は延立寺で初参式(赤ちゃんの初参り。お宮参りのお寺版)が予定されていたが、赤ちゃんの発熱のために延期すると連絡があった。

Facebook上に流れてくる広告を一つ開くと、それから同種の製品広告が他社からも続々と流れてくるようになる。どういう仕組みなのか。けっこう鬱陶しい。それを回避するためには広告をいちいち非表示にするか、他種の広告を開くか。
ちょっと前まではプロジェクターだった。今は言えない。

| | Comments (0)

再開に出講

午後、調布のお寺に法話出講。久しぶり。
そのお寺では毎月の法話会を休座していたが、7月から再開、8月は暑さで休座したので本日が再開2回目とのこと。
私は気持ちよく話してしまったが、どうお聞きいただいたか。皆さまマスクを着用しているので、反応がイマイチ分からない。

夕方、ヒグラシが鳴いている。とても心地よく響く。

| | Comments (0)

教訓を生かしたつもり

9.11。19年前のあの日のことは鮮明に覚えている。

本堂用のテレビを買った。今回も中古。今回もネット。
しかし先の教訓を生かして、都内の店から。運送業者を介さずに自分で引き取りに。
店の店員の印象は悪くなかった。持ち帰って動作確認して異常なし。いい買い物をした。

| | Comments (0)

今回も締切のおかげ

寺報、制作。発送。
今回は本当に間に合わないと思った。
が、なんとか完成。発送作業のためにおいでいただいた方々を30分以上お待たせしてしまった。が、明日改めておいでいただくよりはいい。
毎度思うが、締切があってこそモノはできる。ここまででよし,と思い切れる。

| | Comments (0)

戻りつつある

昼、アーユスミーティング。事務局長が明日誕生日。お祝いのケーキを買っていった。が、なぜか数を間違えた。全員の顔は思い浮かべていたんだが。足し算ができていない。
午後、某会議。
夕方、某会議。
一日に会議3つ。うちひとつはリモート。
だんだん社会活動が戻りつつある。形態は変わって。

| | Comments (0)

来店サービスを廃止して

午後、某会議。
この会議は以前は後に飲食に流れるのが常。本日も数人が流れたが私は加わらなかった。別に新型コロナ感染に用心してというわけではなく。都心から飲酒して電車で帰るのにちょっと気乗りがしなくなってしまった。

三井住友銀行の八王子支店が、駐車場無料券を出すのを今月いっぱいで取りやめる。現在はATM使用でも通帳記入でも15分の無料券が出る。
三井住友銀行はちょっと前から窓口対応には予約を求めるようになった。つまりは客の来店を減らして基本をネットバンキングに移行させようとしているのだな。駐車券廃止もその一環だろう。
その方針に特に異論はない。法人口座でのネットバンキングも利用料がかからなくなったことだし。コンビニATMの手数料の無料回数をもっと増やしてくれればなおいいんだが。

| | Comments (0)

11年目でカーナビ換装

昼、某会合。
異業種が集る会。業種によって新型コロナへの警戒感がかなり異なる。
一番警戒心が高いのは老人介護関係。当然。感染防止への目配りはかなり細かい。感心。

愛車エスティマ車検。
新車で購入したのが2009年。もう11年経つのか。それで走行距離はまだ2万8千キロ。
私はたいていの場合はラパンを使う。ラパンは年間で1万キロ以上乗っている。
エスティマに乗るのは5人以上で移動する時と大型もしくは大量の荷物を運ぶ時だけ。
あまり使う機会はないが、使う機会にはとても重宝する。乗っていないが気に入っている。デザインも車内の使い勝手も乗り心地も満足している。この先に買い替える気は今のところない。
だからカーナビを入れ換えた。理由は携帯電話のハンズフリー機能がほしくて。ラパンのカーナビに登載されていて、運転中は不可欠な機能と感じていた。
あまり乗らないのも車にはよくないらしいので乗る機会は増やそうとは思っている。

| | Comments (0)

違いが分からないことを認められるようになった

小さなこだわりが少しずつなくなってきている。歳のせいか。歳を重ねるごとにこだわりが強くなっている人もいるが、こだわりに体力が追いつかないことはありうる。
私にはいくつかのこだわりがある。執着とはっきり言い換えてもいい。客観的にはくだらないことだが、捨てられない。
が、それがぽろぽろと崩れて来ている。
多いのはオーディオ関係。
まずラック。若い頃は重厚にこだわっていた。とにかく重く。それにより振動をおさえ、音に歪みを生じさせない。ということになっていた。実はその頃も音の違いは分からなかった。今も分からない。なら、軽いほうが使い勝手がいいので、現在はペナペナのラックに移行しつつある。
ケーブルにも昔は金をかけた。太くて重くて固いやつ。でも正直言って違いは分からなかった。自己満足というか、プラシーボ効果で納得していた。今使っているものは細く柔らかく取り回しのいい安いやつ。

こだわりを全部なくすつもりはない。こだわるのも楽しいので。金のかからない不便のない楽なこだわりは持ち続けていく。

| | Comments (0)

10倍でも5%

渋谷東急のジュンク堂、開店何周年だかで、ポイントが10倍になるキャンペーンをやっていた。で、ここぞと前から欲しかった本も含めて大量購入。ポイントがたんまり溜まったと確認したら、想定の半分しか付いていない。なぜ?
サイトで確認したところ、通常は100円で1ポイントと思い込んでいたが、200円で1ポイントだった。0.5%。なんだよおい。というか、私が勘違いしていたのが悪いのだが。
私の地元八王子のくまざわ書店は、通常は購入額の1%のポイントが付く。それが週末は3%、偶数月の15日には5%付く。
これからは基本、くまざわ書店で買います。

| | Comments (0)

iPhoneの方が奇麗

9月に入って急に気温が楽になったと思ったのは錯覚。今日はとても蒸し暑い。まだ残暑の盛り。

一眼レフのカメラを持っている。Canon EOS Kiss X7。購入してから7年。
初心者用機種ではあるが堂々たる一眼レフ。しかし公平に見てEOS KissよりもiPhoneの方が奇麗に写る。これは前から気がついていたが認めたくなかった。が、もういい。iPhoneに軍配を上げる。責任はたぶん私にある。EOS Kissをちゃんと使えていないのだ。すまん、EOS Kissよ。

| | Comments (0)

2020年9月、教訓多し。

今回の経験をして、今後は遠方のリサイクルショップから大型商品を買うのは控えようと思った。
不具合があった時の返送が大変。
今回のテレビは、こちらへはヤマト運輸のらくらく便で届いた。これはヤマトが大型家具や家電を梱包からしてくれるので楽なのだが、梱包資材をすべて回収する。ふだんならそれが有り難い。が、不具合があったら。ヤマトのらくらく便は料金が元払いのみ。着払い対応の業者に頼むには、返送のために梱包しなければならない (佐川急便には梱包サービスもあるが追加料金が数千円かかる。不良品の返送のためにこのサービスを着払いで使う気の強さは私にはない)。これ、大変。第一、梱包材や緩衝材は普通の家庭にはまずないだろう。うちはいろいろ溜め込む癖があるので手持ちの資材で梱包ができたが。普通は購入しなければならない。送料は着払いでいいとして梱包材費を請求するのはちょっと。
大型商品は自分の車で直接引き取りに行ける距離の店で買う。教訓。

そして、今回購入した店は、ホームページに「届いた商品が不良品だった場合は着払いにて返送してもらえば返金する。ただし商品価格分のみで、送料分は返金しない」と掲げている。ちょっと納得しがたいがそう堂々と打ち出していたことも事実。リサイクルショップで購入するときは、それが不良品だったときの対応についてあらかじめ確認することは必須。それも教訓。

なお今回は、送料が返金されないのは理不尽と訴えたところ、全額ではないがかなりな額が返金される。諦めないで交渉することは必要。それも教訓。

| | Comments (0)

佐川さん立派

壊れていたテレビを返送するために梱包。縦横高さの合計が240cmになった。大きいので持ち込みは断念。業者に電話をして集荷を頼んだ。
最初にヤマト運輸に問い合わせたが、宅急便は縦横高さの合計が160cmまで、ヤマト便でも200cmまで。それ以上の大きさだとらくらく便が対応しているが料金元払いのみ。今回は着払いのため不可。
で、佐川急便に依頼した。まもなく集荷に来てくれた。ドライバーは1人。荷物を持って「やっぱりけっこう重いですね」と笑う。運ぶのを手伝いましょうかと言ったら「このくらいは1人で運ばないと仕事にならないんですよ」と。立派。

| | Comments (0)

言葉が通じない

もう9月・・・。

本堂用にテレビをネットでリサイクルショップから購入した。
それが届いた。すぐに視聴したところ、明らかに壊れている。購入したリサイクルショップに「画面が深い青に沈んでいる。調整できるレベルではない」とメールした。
すると「この型は青が強く発色するタイプなので不良とは認められない」と返答。こちらのメールをちゃんと読んでいない。「青が強いなどと言っているのではない。青に沈むと言っているのだ。昼の場面が夜になるんだ」とこちらから再メール。
「青に沈む」などという文学的な表現を使ったのがいけなかったか。「調整できるレベルではない」という言葉を私は当然「壊れている」という意味で使ったのだが、先方は「特有の個性」という意味で受け取った。言葉は難しい。のか?

| | Comments (0)

« August 2020 | Main | October 2020 »