« 藤井風がいい | Main | 通う予感 »

「CITY CHILL CLUB」はタイムフリーに最適

TBSラジオでこの秋から始まった番組「CITY CHILL CLUB」がとーってもいい。
放送時間が朝の3時から。私は当然寝ているし、その後の時間は私はTOKYO FMのお気に入り「Memories & Discoveries」を目覚まし替わりにしているので放送時間に聴くことはない。
そもそも、「CITY CHILL CLUB」の構成は、今勢いのあるアーティストによる選曲をまとめて流すというもの。「Memories & Discoveries」の丸パクリ。それぞれの曲に優劣は付けられない。が、「Memories & Discoveries」は朝倉あきという超強力なMCを擁しているのに加え、上質なクラシック曲のコーナーがあるので勝負にならない。

で、「CITY CHILL CLUB」はタイムフリーで聴いている。いい曲ばかりがMCもCMもほとんどなしでずっと流れているのは気持ちいい。知らない曲ばかりというのも余計な記憶が呼び戻されないのでBGMにはぴったり。はー、世の中はこんなにも素敵な音楽で溢れているんだ。
神田伯山が今ラジオ界ではAMのFM化が進んでいるという話をしていたがその象徴的な番組。私が聴くのは就寝前。以前は「session 22」をやっていた時間。あー、sessionが引っ越してくれて本当によかった。よく途中で寝てしまってたので。

|

« 藤井風がいい | Main | 通う予感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 藤井風がいい | Main | 通う予感 »