« 自死者追悼法要をネット配信 | Main | 今は乳酸菌が欲しい »

またかよ

今週月曜日から連続テレビ小説『おちょやん』が始まった。
主人公の少女時代役・毎田暖乃の達者さがものすごい。舌を巻く。
しかし一方で、今回も大阪局制作の悪パターンが繰り返されたのが不満。
大阪局のパターンとは、物語に分かりやすい悪人が出て主人公に試練を与えること。今回は父親と新しい母。物語が進むにつれて悪人は実はいい人だったという流れになるのだが、はっきり鬱陶しい。
大阪局制作は善人と悪人の闘いを描きたがる。対して東京局制作は善人と善人の軋轢を描く。当然後者の方が響く。

|

« 自死者追悼法要をネット配信 | Main | 今は乳酸菌が欲しい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自死者追悼法要をネット配信 | Main | 今は乳酸菌が欲しい »