« 小さいことに意外なほど傷つく | Main | 年の終わりに感謝 »

内輪で捌き

お歳暮にいただいたかんぱち一尾を長男が捌いてくれた。
長男は一人暮らしで料理もそこそこするらしい。加えて、刃物が好き。うちの包丁を研いでもくれる。
魚一尾をいただいた時は近所の居酒屋のご主人に裁きを頼んでいた。
それを長男がしてくれるのは有り難い。

たまたま長男がうちにいたところへ急に頼んだので、うちにあった包丁を使わせた。
今後も頼むことがありそうなので、専用の包丁とまな板を用意してもいいかなと少しだけ思う。

|

« 小さいことに意外なほど傷つく | Main | 年の終わりに感謝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 小さいことに意外なほど傷つく | Main | 年の終わりに感謝 »