« 華やかさのないクリスマスイブ | Main | 久しぶりの神保町歩き »

記憶の味に近い

一年ぶりくらいに天下一品に入った。

学生時代に京都で衝撃の出会い。やみつきになった。
天下一品が東京進出するまでは,天下一品を食べるのが京都に行く理由のひとつになっていた。
それがここのところは食べるのは年一回くらい。理由は、味が好みではなくなった。塩味が強くなった。
これは断じて私の好みの変化ではない。天下一品の側の変化だ。
それでも、昔の記憶に誘われて年一回くらい食べては毎回がっかりしていた。
それが本日は、塩味が気にならない。私の記憶の中の味に近い。
嬉しくて辛子味噌を入れ過ぎ、結局塩辛くなってしまったが。

そう遠くないうちにまた再来するかも。

|

« 華やかさのないクリスマスイブ | Main | 久しぶりの神保町歩き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 華やかさのないクリスマスイブ | Main | 久しぶりの神保町歩き »