« 記憶の味に近い | Main | 馴染みの店がひとつなくなる »

久しぶりの神保町歩き

久しぶりに神保町を歩いた。かつて自分の庭とまでは言わないが毎週のように歩いていた。
古書店巡りが私の趣味だった。
しかし古書を探すのがもっぱらネットになってからは、神保町は車で通るだけ。行く店も、三省堂とエチオピアだけ。それ以外の店に入ることもなくなった。

岩波ブックセンターに入った。改装後初めて。外見から、コーヒーも飲める本屋になったと思っていたが違う。本も買えるカフェだ。並んでいる本もセレクトショップ的。そこそこ客は入っている。この改装及び路線は成功だったのだろう。

|

« 記憶の味に近い | Main | 馴染みの店がひとつなくなる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 記憶の味に近い | Main | 馴染みの店がひとつなくなる »