« 点検の使命を胸に | Main | 一瞬の雪 »

針は使い捨てだった

けっこうな数のSPレコードをいただいたことを機に、ネットオークションで蓄音機を落札した。2万円。オーパーホール済みの完動品。到着。早々に鳴らしてみた。ゼンマイ式で電気を使っていないのにけっこうな大音量。歴史を超えた音は楽しい。

このたび初めて知ったのは、蓄音機の針は寿命がとても短いということ。
蓄音機の針は鉄製。竹製もある。どちらも一般的にはレコード片面1回演奏しただけで交換とのこと。使い捨て。だから購入も100本単位。
針は今も新品が作られており、それは技術の進歩により硬度と耐久度が上がっていて、7~8枚の演奏が可能という。
レコード針にダイヤモンドを使うようになったのは画期的であり必然でもあったのだ。

|

« 点検の使命を胸に | Main | 一瞬の雪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 点検の使命を胸に | Main | 一瞬の雪 »