« 常用はJCB | Main | 最後に初めて »

駅ビル書店閉店

八王子駅南口駅ビルオーパに入っていた蔦屋書店が1月末に閉店していたことを本日知った。一ヵ月以上気づかなかった。寂しいという思いは沸かない。失礼ながらやっぱりと思わざるをえない。
天井が高くて明るい店内だったが、正直、棚に魅力がなかった。本を愛しているスタッフがいなかったのか。
代官山蔦屋書店などはいろいろな工夫をいつもしている印象がある(が、私は一回も行ったことがない)が、ああいうアイデアを蔦屋グループでなぜ共有しようとしないのか。各店の自主性を重んじているのか。蔦屋がどういう体制になっているかは知らないが、蔦屋というブランドイメージを高めるどころか守ろうとする様子も感じられない。

|

« 常用はJCB | Main | 最後に初めて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 常用はJCB | Main | 最後に初めて »