« 内輪には甘えて | Main | 別会議に同時出席も »

書名も版元も同じ

予報では午後から荒れるかもと。しかし、風はあったものの雨は夕方までもってくれ、法事は大過なく勤まった。

知人が『中国の歴史』という本を今読んでいて、とても面白いと言っていた。なんと本国の中国でもベストセラーになったという。気になってネットで古本を買った。届いた本、どうみても内容が古くさい。こんなのが中国でベストセラーになったのか。なぜだ。古き良き時代をしのぶ懐古趣味だろうか。
と思っていたら、私が買ったのは旧版。発行は1974年。話題になっていたのは2004年に発行の新版。なんだよおい。書名も版元も同じとは紛らわしい。
なりゆきで、新版も買ってしまった。たしかに現代的な視点からの中国史。中国人にも新鮮だっただろうと納得。中国版には近代史は含まれていないとのこと。それも納得。

|

« 内輪には甘えて | Main | 別会議に同時出席も »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 内輪には甘えて | Main | 別会議に同時出席も »