« 賞味期限後22年の健康食品 | Main | 『おちょやん』讃 »

場所が主役

ドキュメンタリー映画『ラプソディー オブ colors』を試写会で観る。

東京大田区に「colors」というスペースがある。
障害がある人、ない人、グレーな人たちが集まる場。毎月10本ものイベントが企画され、狭小スペースにもかかわらず年間800人が訪れる。
colorsの代表は自身が頚椎損傷と脳の血腫による障害を持つ石川さん。そこに強烈なキャラクターの中村さんが絡む。
2人の興味深い生き方を追った作品。2人は良好なパートナーに見えたが、やがて関係が壊れたと伝えられる。その理由を作品内では中村さんがクズだったからとしているが、私が見たところでは明らかに、colorsが取り壊されたのが大きい。人は場に生かされるのだ。主役はcolors。

|

« 賞味期限後22年の健康食品 | Main | 『おちょやん』讃 »

Comments

ああ、本当にそうですね

「場」に
役割があるか
役割を探さなくてもそこに身を置くことを心地よいと思えるか
心地よさが無くても存在をまるごと預けあれるか
まるごと預けられなくても・・・

「場」というものを
考えたくなりました

Posted by: | June 17, 2021 08:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 賞味期限後22年の健康食品 | Main | 『おちょやん』讃 »