« あの功績がスルーされているって | Main | 再生技術の位置は »

濃密な2時間の講演

午後、「『同和問題』にとりくむ宗教教団東京地区連帯会議」総会。
総会記念講演にフリーアナウンサーの薮本雅子氏。
薮本氏は日本テレビアナウンサー時代にハンセン病問題に出会い、これを報道しようと訴えるが、局内での受けが良くなかった。バリューがないと。加えて、「報道は『公平・公正』。お前は原告に偏っている」と指摘される。それに限界を感じてフリーに。
以来現在もハンセン病問題に関わっている薮本氏は、10代で性暴力被害を受けている。しかしそれを自覚できたのは50代になってから。
性被害を受けたのは自分が悪かったからと押し込めていた。それを「性的虐待順応症候群」という。
ある場所での講演で被害体験を話した時の、「恥部を話してくれてありがとう」という反応が棘になっている。自分の体験は「恥部」なのかと。これが仮に刃物による傷害事件であったら、その傷痕や体験は恥部と呼ばれることはないだろう。
現在、仏教の性差別にも強い視線を向けている。共闘できるか。撃たれるか。

|

« あの功績がスルーされているって | Main | 再生技術の位置は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あの功績がスルーされているって | Main | 再生技術の位置は »