« 見てくれているひとはいるもの | Main | 否定ではなく相対化 »

囚われないことが第一

名刺管理専用スキャナーを買った。
名刺管理が出来るスキャナーは既に持っている。しかし付属アプリの使い勝手が悪い。私が使いこなしていないだけだろうが。
新たに導入したスキャナーは従来のものより、機能は限られている。全体としては劣っている。しかし名刺管理に特化しているので、一番肝心の、読み取り性能は従来機より優れている。それは大きい。
はっきりした欠点は、従来機で作ったデーターを移行できないこと。
しかし、従来のデーターは増えすぎて使いづらくなっていた。データの中身も古くなって実際には役立たずになっていた。
新しいデーターを別物として扱うことでより実用的になる。

今あるものをもったいないと使い続けるのも大切。しかしそのことに囚われないことはもっと大切。

|

« 見てくれているひとはいるもの | Main | 否定ではなく相対化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 見てくれているひとはいるもの | Main | 否定ではなく相対化 »