« 「浄土真宗は独特」というのは誤解 | Main | トンボを見ない »

尊敬する先輩

午後、僧侶研修会2日目。zoomにて参加。
テーマは「コロナ禍における自死問題」。ご講師の高橋聡美氏、非常に明確明瞭。
質疑応答の時間に自説を長々と披露する人を久々に拝見。なんだか懐かしささえ感じた。
私は研修会の質疑応答の時間が好き。質疑応答の時間で研修会の質が変わる。かつて自分が研修会を主催する立場にあった時は、必ずサクラを用意していた。
研修会で、何をどう質問するかは質問者の能力を如実に示す。
私がまだ20代の頃、研修会で一見バカに見える質問をいつもする先輩がいた。しかしそれによってご講師の意図がいっそうはっきりしたり、講演を深める結果となっていた。それを目的としてご自身がバカを演じていた。時には、自分の信条と正反対の立場から発言した。それができていた先輩が本当に格好良く見えた。感心した。ほれぼれした。ああいう大人になりたいと思った。
あの時の先輩よりずっと年長になったのに、あの真似は全然できていない。

|

« 「浄土真宗は独特」というのは誤解 | Main | トンボを見ない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「浄土真宗は独特」というのは誤解 | Main | トンボを見ない »