« 尊敬する先輩 | Main | コピークオリティ »

トンボを見ない

朝から暑い。風がない。

トンボを見なくなって何年になるだろう。
以前は、シーズンの内に何度か、部屋の中に迷い込み出口をさがしてバタバタするトンボがいたものだ。オニヤンマ、シオカラトンボ、赤トンボ。
あのトンボはどこから来ていたのか。トンボがよく来ていた頃からうちの近辺は大きな変化はしていないが。
大きく変わったのは気温。トンボは気温に弱いのだろうか。どこへ行ったのだろう。

|

« 尊敬する先輩 | Main | コピークオリティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 尊敬する先輩 | Main | コピークオリティ »