« プレゼントの発想がない | Main | 5分歩くと忘れている »

身をもって教えてくれている

安倍長期政権を支えた第一の功労者は菅官房長官だった。
その成功体験が菅首相の大きな落とし穴となる。
官房長官時代の菅氏の最大武器は「無神経」。どんな質問も批判も「それはあたらない」と受け流す無神経。それは政権を守る鉄壁でありえた。
その功績から首相に上り詰めた菅氏は、首相になっても同じ手法を取り続けた。それにより国民に生まれたのは深い不信感だった。
それは菅氏自身には想定外だったに違いない。他の声に耳を貸さないことが強さと安定の象徴だったのが、今は単なる不誠実として真逆の作用を生んでいる。なぜ。俺は何も変わっていないのにと、菅氏は国民の心変わりを恨んでいるかもしれない。しかしそれは違う。変わったのは国民の心ではなく、唯一、菅氏の立場だ。

全く同じ態度が、別の立場にあっては全く違うメッセージとなってしまう、とても貴重な実例を示してくれている。御礼。

|

« プレゼントの発想がない | Main | 5分歩くと忘れている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« プレゼントの発想がない | Main | 5分歩くと忘れている »