« August 2021 | Main | October 2021 »

どうでもいい話をしたい

午後、アーユス理事会。

見た夢を久々に覚えている。
友人4人と歩いていた。彼らに私は何か話したいことがあった。内容は覚えていないが、本当に他愛のないことということだけ覚えている。他愛のないことだから、他の奴らの話が途切れた時でいいやと思っていたが、全然話が途切れない。延々と途切れない。結局話すことができなかった欲求不満のまま目が覚めた。
この夢、私の何を表しているのだろう。何てことのない、くだらない話をしたい欲求があるのだろうか。うん、あるな。あー、呑みながらどうでもいい話をしたい。不要の極みだが不急ではない気がする。しかも、どうでもいい話は相手を選ぶ。

| | Comments (0)

61歳って

本日、誕生日。61歳になりました。
お祝いメッセージを届けてくれたのは家族以外は2人だけ。以前、Facebookの個人情報に誕生日を載せていた時にやたらとお祝いメッセージが来たのが鬱陶しくて掲載をやめた。
しかし、61歳になってもBOOK OFFでマンガを買っているなんて、35歳の俺は想像もしていなかった。

| | Comments (0)

乾いていたのが原因

EMS機器のシックスバッド、電源は入るのに、足に刺激が全然伝わらない。
早くも不調。早くも壊れたか。型落ちだからか。買ってからまだ1ヶ月経っていないので、初期不良で修理ではなく交換してもらえるか。
交換の申込先を確認しようと製品のマニュアルを見た。その中に「電気刺激を感じないと思ったら・・・」という注意書きを発見。「足裏が乾燥していませんか?」と。乾燥していると電気が伝わらないらしい。
濡らしてみた。効果てきめん。びりびり伝わってくる。
故障を疑って失礼しました。原因は私の加齢にありました。

| | Comments (0)

高尾警察で更新

免許更新。念願のゴールド免許。初めて高尾警察で更新。
視力検査をする。私は左右の視力が全然違う。左は1.2、右は0.1以下。
私の右目は歪んだすりガラスがはまったまま。ぼんやり見えているのだが、近づけても見えるようにはならない。
運転免許は両眼で0.7をクリアし、視野角も150度あるので問題ない。

| | Comments (0)

彼岸は今日まで

お彼岸は今日までだった。なんとなく昨日で終わって気がしていた。彼岸入り直前の土日にけっこうなお参りがあったからだろう。
人出は戻ったな。

| | Comments (0)

「Flower TOKYO」終了

つい先日にここで私が好きだと書いたTOKYO FMの番組「杉咲花のFlower TOKYO」が終了した。3年間の放送だった。
ご本人の希望とのこと。芝居に専念したいからと説明があった。杉咲花らしいような。本業での更なるご活躍を心から期待している。
私はこの番組を第一回から聴いている。この前番組を聴いていたために流れで聴くようになったのだが、
前番組は何だったかなと検索してみた。ああ、『Keep On Smiling』だった。山寺宏一がリクエストに応じて映画の一場面を再現したりする番組。これもいい番組だったな。あれが終了してからもう3年も経ったのか。

| | Comments (0)

食べ放題行ってみようか

深爪さんという方がTwitterで「食べ放題は元を取ろうとしなくなってからが本番」と書いていた。
私が「食べ放題」に全く魅力を感じなくなって久しい。そんな私は量にこだわっていた。大食いの人と自分を比べて何か損をしているような気持ちになっていた。
それは間違い。食べ放題の店では、食べたいものを、食べたいだけ食べられる。食べ邦題ではない店では、完食するのが礼儀のような気がするものだが、食べ放題の店ではそのルールはない。いいではないか。多品種であればなおさら。

| | Comments (0)

「意味」こそがターゲット

彼岸中日。暑くなった。

彼岸会法要での私の法話は「おかえりモネ」を中心に、「『意味』への欲望と依存による自縛からの解放が救いである」という話。いつもながら全然まとまらないままお話しさせていただいた。話しをすることでまとまっていく。延立寺ご門徒にはいつもその過程をおつき合いいただいている。恐縮です。

| | Comments (0)

43年はさすがに遠い

久々に八重洲ブックセンターへ。店頭に「開店43周年」とのポスターがあった。あれから43年経ったのか。20年前のことをついこの前と感じる私も、43年前となるとさすがにはるか昔に思える。
八重洲ブックセンターが開店したのは1978年。流通している本は全て揃えたという触れ込みだった。ちょっとわくわくさせるものがあった。期待とともに入店してみると、実際にはそうではなかったが。
久々の八重洲ブックセンター、正直、活気がない。5階のトイレ、43年ものと思える便器にヒビが入っている。ウォシュレットは付いていない。洗浄には大量の水。レトロな感覚さえしてしまった。今後の盛り返しにご期待申し上げます。

| | Comments (0)

辞典を引かなくなった

英和辞典を棚から片づけた。処分はしないが保存用箱の中へ。
辞書を引かなくなって久しい。調べ物はMac・iPhoneでネットから。
平凡社世界大百科事典も棚から下ろした。別冊の百科年鑑は処分する。しかし本体は保存する。加藤周一責任編集のこの事典には深い愛着がある。
愛着と言えば新明解国語辞典。棚に置いているが、調べ物に使ったのはまだ数回。
仏教関係の辞典は現役。ネットで探すより確実で信頼できるので。
白川静の漢字辞典シリーズも現役。こちらも調べ物より読み物として手元に置いている。
ツールとしての辞書の役割は終わったかも。しかし読み物としての辞書事典は生き残る。

| | Comments (0)

NHKには喜んでお金を払う

彼岸の入り。

朝、テレビを付けっぱなしにしていたら、伝説の家政婦、タサン志麻さんのドキュメンタリー番組が流れた。「ふたりのディスタンス」。夫のロマンさんとの実にいい関係。とてもいいものを観た。
その直前に流れていたのが「病院ラジオ」。サンドウィッチマンが病院にいる人々にインタビュー。サンドウィッチマンの好感度日本一たる理由がだだもれ番組。とてもいいものを観た。
それにしてもNHKすごい。受信料はよろこんでお支払いする。

| | Comments (0)

お墓参りの方は戻った

彼岸は明日から。しかし寺的には完全に彼岸モード。
世間では人出が戻った。昨日が一日中雨だった影響もあるだろうが、今日は高速も下道も渋滞。
延立寺ではご法事に出席予定の方が全員お揃いになったのが予定の2時間遅れ。揃わないままに勤めさせていただいた。
実感として、人が動き出している。お参りの人がほぼ、コロナ以前に戻っている。しかしそれはお墓参りの人であって、その中で寺に寄ってくださる方の数はまだ戻っていない。

| | Comments (0)

SIXPADはいいですよ

SIXPADのFoot Fitを使っている。
EMS機器を買ったのは実は2回目。前回は10年ほど前。それは腹筋用だった。正直失敗だった。肌にパットを付けるのにジェルが必要だったのが面倒だったのと、効果も肌表面に痛みを感じて筋肉に効いている感覚がなかったために継続使用をする気になれなかった。
今回SIXPADを買ったのは、販売されてからそこそこ経って、悪い噂も流れていないので信頼感があった。ふくらはぎ用というのも実用的と思った。
使用感は実にいい。ひざ下の筋肉をけっこう震わせてくれる。実際に筋肉強化になっているかは分からないが。
機械は型落ちだったが基本性能は変わりないのでむしろ安くてよかった。
これを気に入ったので、実はお尻用が気になっている。

| | Comments (0)

初めて映画を前売予約した

渋谷にて、映画「由宇子の天秤」を見た。
火曜日の町山智浩氏のレビューをラジオで聴いて、これは絶対に見なければと、封切り日に予約をした。私は予約は基本としてしない。ライブも芝居も映画も当日狙い。映画の予約前売チケットを買ったのは、たぶん初めてじゃないか。
その甲斐あった。当日はチケット完売。たぶん町山効果。
映画は、スゴイ出来。上映後は監督とプロデューサーによるトークショーがあった。その中身が濃い。今日来て本当によかった。

| | Comments (0)

当り前のことから

某本を買いに行った。
書店店頭でその本を手にした。レジに向かう前に、目次に目を通す。中の1章をまるまる読んだ。で、棚に戻した。買うまでもない、そこそこ面白いが所有するほどの愛を持てないと感じた。
やればできるじゃないか、俺。気になった本はとりあえず買ってしまう、という私の悪癖は直せる希望が見えた。
中身が未知の本はネットではなく書店で、中身を確かめて買おう。当り前のこと。それだけで書棚の飽和状態が先送りできる。

| | Comments (0)

ゴメンではなく有り難う

このところの癖として、モノに謝っていた。
何かをなくして、それを見つけた時に寂しかっただろ、と謝っていた。手をすべらせて汚したり傷つけたりしたときも、、ぞんざいに扱ってゴメンな、と謝っていた。
それを改めた。ごめんではなく、有り難うと言うようにした。
ゴメンと謝るのは、こちらに体力があるときはなんでもない。しかし度重なると澱が蓄積していく。自分がダメな人間に思えてくる。
そこで、謝る場面でもお礼を言うようにした。無くし物を見つけた時には、こんなところで待っていてくれて有り難う、モノを傷つけた時には、このくらいで耐えてくれて有り難う、壊してしまった時には、今までお世話になって有り難う、と。
どの場面でも使えるわけではないが、人に対しても、「ありがとう」と言うべきところで「すみません」と言ってしまうのは改めたい。

| | Comments (0)

解約しどき

今日から大阪で法話。の予定だったが、緊急事態宣言が延長されたために予定がキャンセル。久々の大阪・関西をちょっと楽しみにしていた。京都にも寄るつもりだった。

この2年以上、新幹線のEX-ICカードを使っていない。このカード、本当に重宝した。チケットレス。乗車直前まで何回でも予約変更可能。席も選べる。現在はスマホを使ったスマートEXで同様のサービスが受けられるが、EX-ICは料金割引がある。しかし2年以上使っていない。ので年会費だけ無駄払い。もう解約してしまおうか。コロナ禍が収まっても、以前のように京都に行く機会はなくなったし。

| | Comments (0)

かつて、不調の時はとりあえず叩いてみた

延立寺にあって現役で働いているモノの中で、一番長く使っているのは、仏具以外ではたぶん私の腕時計。オメガ。祖父が使っていたのものを引き継いだもので70年くらいは動いているはず。
それに続くのが、洗面所で使っている体重計。たしか私が小学校3年生くらいの時に、移転前の田町の寺に来た。50年以上使っている。スプリング仕込みで電気を全く使っていないのが幸いしている。
それが、今朝、壊れた。メモリー、ではなく目盛が動かない。いよいよ寿命か、と思い一応ガンガンと叩いてみたら目盛が動いた。かくして現役続行。不調の時の直し方まで昭和である。

| | Comments (0)

ダブりを知らせてくれた

一昨日にネットで注文した某書籍の販売元から電話が入った。注文の御礼に続いて、「1週間前に同じ本をご注文されていますが、追加でよろしいでしょうか?」は?
その本をすでに注文していたことをすっかり忘れていた。
今回注文したのは、Facebook上でその販売元の「初回注文分を発送中です」という書込を見たため。つい、あれ、注文していなかったかな、と思ってしまった。しかし先の注文時にも受付メールは届いている。なぜすっかり忘れていたのだろう。
ダブり注文ではと確認してくれた販売元に心から感謝。

| | Comments (0)

20年一日のごとし

キンモクセイの香りが境内に漂う。

20年目の911。あの時のことは鮮明に覚えている。あの事件を私はニュースステーションの生中継で知った。あれから20年もたったのか。
頭では20年って長い年月と考えるが、実感覚では20年なんて本当にあっという間。この先20年はもっとすぐだろう。その確信は私の気持ちを楽にする。

| | Comments (0)

Amazonは教えてくれる

延立寺境内に彼岸花が伸びてきた。花はまだ咲いていない。

Amazonで某本を注文した。
注文ボタンを押してから、商品表示欄の上にこんな記載があったことに気がついた。「お客さまはこの商品を2017年○月○日に購入済みです」
え?念のために書棚を確認した。・・・ありました。
すぐにキャンセル。問題なく受け付けてくれた。
いやー、あまりAmazonを利用するのもなんだなあと思いながら、同一商品の購入歴を示してくれる機能は、私のような者には本当に助かる。たぶんこれからますます有り難い機能と思えるような予感。

| | Comments (0)

遅らせても遅れるだけ

延立寺寺報ポピンズ作成、発送。
今回も完成が遅れ、発送作業におみえいただいた方々を30分お待たせしてしまった。
次回は集合時間を30分遅らせましょうか、という提案が上がったすぐ隣で、いやそうしたら完成が30分遅れるだけだ、との冷静な声。さすがお分かりくださっている。

| | Comments (0)

広告の謎

Facebookの広告ってどういう仕組になっているのだろう。Facebookを通さずに閲覧した商品の広告がFacebook上に流れてくる。同類他社製品まで。
購入歴や閲覧歴がそのサイトに残るのはいい。しかしその情報が別サイトに反映されるのはあまり気分がいいものではない。

| | Comments (0)

モネ讃

『おかえりモネ』にはもう感心しかない。
出演者が揃って芸達者。ベテラン役者は言うまでもないが、若い役者たちが凄い。脚本も演出も役者たちを信頼して、セリフが少ないのもいい。悪人が一人も登場しないがそれぞれに傷ついている。東京制作の王道。
終盤に向かってあと一幕残っているが、すでに私の朝ドラ傑作選トップ5入り決定。Blu-rayを買ってしまうかもしれない。

| | Comments (0)

ゆとりが第一

午後、八王子市仏教会研修。小松由佳氏の講演。
日本人女性として初めてK2登頂。フォトグラファーとしては特にシリア難民を追う。私生活でもシリア人男性と結婚し、ムスリムに改宗。話題の引き出しがとても多い。この方が八王子に在住というのが嬉しい。と言ってもあまり活かせていないが。
シリア人が人生で最も大切にし、優先していることは「ゆとり」だという。日本人がそれを聞くとゆとりに必須なのは金銭だろうと考えるが、シリア人はお金よりゆとりを優先する。仕事が忙しくて家族の時間がなくなるのは本末転倒と考えるとのこと。

| | Comments (0)

累進多焦点はお薦めしない

ネットで累進多焦点レンズの老眼鏡を買った。多焦点とは、レンズの焦点がグラデーションになって、幅広い焦点に対応できるというもの。
私は現在、2つの老眼鏡を併用している。パソコンのディスプレイ用と手元の読書用と。それが一つで賄えるならいいじゃない。
で、届いた品を使ってみたがとても実用的ではない。
確かに遠くにも近くにもピントは合う。しかし、その範囲がとても狭い。合うのは一点だけで、そこを外すとたちまち視界がぼやける。それぞれにピントは合うのだが、範囲が狭くてシビア。いちいちピントを合わせながらものを見なければならない。これ、けっこうなストレスになる。
手元用とディスプレイ用の2本使いの方がずっと楽。

| | Comments (0)

順調

Panasonicのサイトで、聴力検査ができる。1000㎐から19000㎐までのサンプル音が用意されている。
10000㎐までは明確に聴こえる。音量をかなり絞っても変わらない。
それが12000㎐になったとたん、全然聴こえなくなる。音量を最大にしてやっと感じられた。15000㎐は音量最大でも全然聴こえない。
もしかしたら、モニターのスピーカー性能のためかもしれないと、うちで最も高性能と思われるオーディオ機器に接続して試してみたが、結果は同じ。俺の耳はそんなに聴こえなくなっていたのか。
一応10000㎐は60代の目安、12000㎐は50代の目安とされている。歳相応。私は確かに50代ではない。衰えは順調。

| | Comments (0)

ミス

ネットオークションで、延立寺墓地に置くベンチを落札した。安く落札できたと思ったが、送料が予想以上にかかった。のみならず、同じ品がAmazonに出品されていて、送料込みの値段だとAmazonの方が2000円以上安い。しかも購入者からは「強度が足りない」と低評価・・・。
入札前にはその品が他所でいくらで売られているかくらいは確認しよう。大型商品の場合は送料を面倒くさがらずに問い合わせよう。ネットオークションをパソコン通信の時代から30年利用している私でもまだ初歩的ミスをする。

| | Comments (0)

いきなり季節が変わった

7月8月はTシャツで過ごした。昨日、それに半袖を重ねて外出したがすぐに戻り、長袖に着替えた。正解。9月に入っていきなり季節が変わった。

久々に新宿の紀伊国屋書店本店の地下を歩いたら、店が軒並み閉めていた。
え?コロナの影響がこんなに?と思ったが違った。耐震工事のために移転したのだ。
紀伊国屋ホールの出演者たちが通ったという歴史ある店々。趣があった。私の好みの店はなく通ってもいなかったので個人的な思い入れや寂しさはないが、歴史が移っているなあという印象。

| | Comments (0)

傷つけたらN G

もう9月・・・。

知人が出先で初対面の人から「ファンなんです。がんばってください」と声をかけられた。明らかに有名人と間違えられている。その場はそのまま離れたため、誰と間違えられたか分からない。Aだろうか、Bだろうかと考えている。
それを聞いて私は、え?本当に分からないの?明らかにCだよ。私も前から思っていた。
それを当人に伝えたが全然納得していない。Cは自分もファンだが自分とは似ていないと不満。で、Cの少し若かった頃の写真を見せた。すると、これならまあ似ていないでもないと認めたが、でも傷ついた様子。失敗した。
世の嫌われ者に似てると言ったわけではない。全国にファンがいる人物と似てると言っても、侮辱と受け取られることがある。褒め言葉としてでも、誰かに似てるとかの容姿の話題は今後控えることにする。

| | Comments (0)

« August 2021 | Main | October 2021 »