« 盗人を作っていた | Main | 5年目のMacBook »

現役続行

部屋着に使っている厚手の白い毛糸カーディガン。元は私の父が着ていた。60年もの。片肘が抜けてしまった部分をポケットを外して継ぎ当てたりして延命させてきたが、左腕内側に穴が空いてしまった。何かに引っかけたのだろうか。
これは銀座motokiのオリジナル製品。販売されたのは昭和30年代。当時はまあおしゃれな製品だっただろう。
銀座motokiは現在も同じ場所、銀座三越の隣で営業中。失礼ながらあまりお洒落な感じは受けない。モノは良いのかもしれないが、デザインは昭和カジュアルの香りを残している店。
もう着倒し認定はしていただけるレベルと思うが、もう一息延命させようか。今回穴が開いたのは腕の内側なので目立たないし。
で、毛糸を買ってきて自己流に穴を塞いでみた。自己流と言っても、YouTubeで紹介していた方法。いやー、YouTubeは本当に有難い。
まあ目立たないくらいに補修完了。部屋着としてもう少し働いてもらう。

|

« 盗人を作っていた | Main | 5年目のMacBook »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 盗人を作っていた | Main | 5年目のMacBook »