« 安かったんだよ | Main | 雑誌が情報を担っていた時代 »

『コーダ あいのうた』

昭島で映画『コーダ』を観た。映画館で映画を観たのは『MINAMATA』以来。

館内ガラガラ。アカデミー賞を獲りそうだと言われているが、今年は発表が遅くてよかった。受賞していたら客はいっぱいになるだろう。

聴覚障害を持つ両親と兄と暮らす高校生のルビー。家族の中でひとり健聴者のルビーは家族の通訳者役を余儀なくされている。ルビーには歌の才能があった。それに気づいた教師から音楽大学への進学を勧められたルビーは、家族の都合と自分の夢との板挟みに悩むこととなる。
ルビーの家族が実に楽しい人たち。いい時間を過ごせた。

|

« 安かったんだよ | Main | 雑誌が情報を担っていた時代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 安かったんだよ | Main | 雑誌が情報を担っていた時代 »