« 寺の実情は社会の反映 | Main | 故障の連鎖と濡れ衣と »

A&Vテクニカル讃

3.11。あれから11年経った。

先日壊れたワイヤレスマイクアンプ。メーカーに問い合わせたところ、販売終了から期間を過ぎているため修理は受け付けられない、と後継機購入を勧めてきた。
こういう時に頼りになるのは修理専門店。八王子には「A&Vテクニカル」という名店がある。持ち込んだのが一昨日。それが今日、修理完了との連絡が入った。早い。有難い。感謝。
で、修理品を受け取りに行き、修理内容を見ると、ヒューズ交換とハンダの直し。たぶんその程度と思っていた。これ、メーカーだって出来るでしょう。一応品を受け取って、交換部品がないから修理できないという理屈ならまだいい。期間が過ぎているからという理由だけで一律に対応できないというメーカーって。バカという以外の言葉を知らない。
製品の出来はいいので使い続けますけど。

|

« 寺の実情は社会の反映 | Main | 故障の連鎖と濡れ衣と »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 寺の実情は社会の反映 | Main | 故障の連鎖と濡れ衣と »