« 雑誌が情報を担っていた時代 | Main | e-Taxに苦闘 »

嫌な予感はあったのに

Macを壊した。
MacBookに外部機器を接続したところ、うまくいったと思ったのも束の間、Macの画面に「熱が下がるまでお待ちください」という今までに見たことのない表示が出た。
それ以降、Macから音が消えた。内蔵スピーカーも内蔵マイクも認識しない。存在しないことになっている。
おそらく、過入力。過大な電力を接続してしまい回路を破壊したのだろう。
実はちょっと危ないかなという予感はしていた。だから、メインのMacBook AirではなくサブのMacBookで試していた。MacBookよすまん。

|

« 雑誌が情報を担っていた時代 | Main | e-Taxに苦闘 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 雑誌が情報を担っていた時代 | Main | e-Taxに苦闘 »