« 懐かしい痛み | Main | 彼、才人だったのだな »

延々と響き続けた

上田知華さんが昨年9月に亡くなっていたとのこと。
昨秋に、TBSラジオ『伊集院光とらじおと』内の「昼間のAMラジオから流れるとあーっという曲」コーナーで迦陵頻の曲が採用された時にはもう亡くなっていたのか。

法事の読経中、袂に入れていたiPhoneに着信。マナーモードにしていたので着信音は鳴らないが、バイブが響く。参列者の席は私から少し離れていたのでたぶんバイブの響きは届いていないと思う。が、気になる。
放っとけば切れるだろうと放置した。が、バイブレータが止まらない。そんなに重要な電話なのだろうか。気になるが読経途中で袂からiPhoneを取り出すことはしたくない。延々と響き続けること約2分。バイブはやっと止まった。この2分の長かったこと。
読経終了後、履歴に残っている着信先に電話をかけた。先方が言うには、間違い電話。誤作動をして、こちらに誤って送信していたことにずっと気づかなかったと。はあ。まあ、大事でなくてよかった。これからiPhoneは法事中は袂から出しておこう。

|

« 懐かしい痛み | Main | 彼、才人だったのだな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 懐かしい痛み | Main | 彼、才人だったのだな »