« 後継を探すのはまだ早い | Main | 凄く見えない凄さ »

クロネコの規格が変わった

クロネコヤマトで販売しているオリジナル段ボール箱の10号を私はずっと書籍の保存用に使ってきた。ここに本を一杯詰めた重量が、移動可能重量の現実的な上限なので。物置には本が詰まった10号箱が多数積まれている。
その箱の規格が、この度変わった。縦横高さの合計が100cmになるのは変わらないが、その割合が変わった。高さが少し増した。底面は、マンガ単行本を4冊並べてちょうど収まる。
変更により、私の用途では使い勝手がよくなった。
そうなると、今までの書籍保存箱を全部、新規格箱に入れ替える欲望に今駆られている。
ダンポール箱は1枚190円。50枚として9500円か。たぶんやる。

|

« 後継を探すのはまだ早い | Main | 凄く見えない凄さ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 後継を探すのはまだ早い | Main | 凄く見えない凄さ »