« 基本の対処を忘れていた | Main | 選ばないものに手を出すのも »

『ファーザー』

Netflixで映画『ファーザー』を観た。
主人公は認知症が進みつつある。その主人公の目から見た世界を可視化した作品。不安と不穏が色濃く漂う。サスペンスであり不条理。主人公にとっては外界が混乱している。それに対抗するためには、自らをより確かなものと守らなければならない。しかしそれが結果的に混乱を増してしまう。
ラストは穏やか。いやこれ、見事なほどに浄土真宗的ではないですか。

|

« 基本の対処を忘れていた | Main | 選ばないものに手を出すのも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 基本の対処を忘れていた | Main | 選ばないものに手を出すのも »