« ゆるさの凄み | Main | 寺の行事へはまだ »

お隣さんだった

ご門徒宅へお彼岸参り。
そのお宅へは2年ぶり。
久しぶりに伺うと家の様子が変わっている。正面がシャッター。閉まっている。ドアフォンも見当たらない。
裏に回った。裏口には、見知らぬ表札。え?引っ越したのか?
と思ったら、その隣の建物に見覚えある扉。表札は目指していた名字。
伺うお宅をお隣と間違えていた。そのお宅もお隣も、正面入り口を改築していたので間違えてしまった。

|

« ゆるさの凄み | Main | 寺の行事へはまだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ゆるさの凄み | Main | 寺の行事へはまだ »