« ラジオ放送感覚で | Main | SafariとAmazonの相性が悪い »

かつては教区が盛り立てていた

午後、多摩地区の本願寺派寺院の連携会議。
会議では築地本願寺から教務所長が出向され、築地本願寺の耐震工事などへの協力依頼がされた。
協力するのはやぶさかではない。が、今の築地本願寺が東京教区全体で支えたい存在かというとちょっと違ってきたという印象は私も持っている。
かつては、築地本願寺、当時の築地別院は、教区内寺院に愛されていた。教区で支え盛り立てているという意識が、前の世代の住職たちにはあった。
それが今は希薄になっている。それは築地本願寺の責任とは私は思わない。時代の流れ。
まあ、盛り立てていたとは言っても気持ちだけで、経営は赤字が積まれていったのも事実。

|

« ラジオ放送感覚で | Main | SafariとAmazonの相性が悪い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ラジオ放送感覚で | Main | SafariとAmazonの相性が悪い »