« 3年ぶりのリアル法要 | Main | 納税は地元へ »

不穏なランチタイム

昼食を某店でとった。
開店時間を10分ほど過ぎて入店したが、席は8割埋まっている。
店の様子がいつもと違う。フロアの店員3人がどれも見知らぬ顔。新人。だからか、流れが滞っている。
ランチメニューを注文した。まもなくスープが運ばれてきた。しかし、スプーンがない。持ってくる気配もない。声をかけて持ってきてもらった。詫びも笑顔もない。
私の前に座った客には、スープが運ばれてこない。その客、スープが来ないよと店員に。はい、と返答したがなかなか運ばれてこない。客の苛立ちが伝わってくる。その後にスープは運ばれてきたが、店員からは詫びの言葉はなかった。
私には間もなくメインの皿が運ばれた。美味しく頂戴した。しかし私が食べ終わっても、私の斜め前に座った客には、なかなか皿が運ばれてこない。その客は私が注文をしてすぐ後に注文した。しかしその後に入店した客の方へ先に皿が運ばれている。
居心地が悪い。不穏なものを感じながら退店した。
店員さん、早く慣れてくれ。

|

« 3年ぶりのリアル法要 | Main | 納税は地元へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 3年ぶりのリアル法要 | Main | 納税は地元へ »