« June 2023 | Main | August 2023 »

旅路が葬式に

今日お勤めしたお葬式のBGMが藤井風の「旅路」。とてもしっくりきた。
へー、故人の趣味は若かったんだなと思ったが、やはりお孫さんの選曲だった。
これまで葬式のBGMに使われて印象的だったのは福山雅治の『道標』。
私の葬式には吉田美奈子の『Liberty』でよろしく。

| | Comments (0)

花火の後

早朝、夕べに行われた八王子花火大会の清掃活動。
私の担当となったところはゴミがほとんどない。清掃後のような感じ。昨日はこの場所は風上で、ゴミ類はみんな風下に飛ばされたらしい。私的にはラッキー。
この作業、これまでは立正佼成会の方々がしてくださっていたそう。それが高齢化により無理となって、広く市民団体に呼びかけての清掃となった。

| | Comments (0)

なぜ今まで持っていなかった

目覚まし代わりに流しているラジオ番組でスキマスイッチの曲が流れた。あー、なんていい曲なんだろう。詩がいい。曲がいい。声がいい。
夏の朝、まだ涼しい風と共に彼らの歌を聴いていたこの時間は、この夏一番の快楽だった。
こんなに私好みなのに、私はスキマスイッチの盤を1枚も持っていない。1曲もダウンロードしていない。なぜだ。
今月出たばかりのベスト盤を注文した。明日届く。

| | Comments (1)

まだ漏れる

足の痛みはいつの間にか消えた。なんだったんだろう。

前立腺摘出から2ヵ月。医師からは手術後しばらくは尿漏れがありますと説明されている。短い人で1ヵ月で改善するが,長い人だと半年以上続くとも。
私の場合、2ヵ月でほぼ止まったように思っているが、でも、ふとした時にまだ漏れることがある。ふとした時とはまず歩いている時。そして長く同じ姿勢をしていた体の体勢を変える時。座っていた状態から立ち上がる時とか。まあこれは手術の影響より歳の影響かも。対策は3つ。骨盤底筋体操、尿意がなくてもトイレに行く、吸水パット装着。
吸水パット、今使っているのは当初よりかなり薄いもの。性能はいい。

| | Comments (0)

読ませる社史

右足付け根の痛みはまだ続いている。

病院を3軒はしごして、保険申請のための診断書の申込をした。いずれも出来上がるまで2週間とのこと。

仏教書専門出版社、法蔵館の社史を入手した。『仏教書出版三六〇年』。1978年発行。社屋改築記念に編まれたものらしい。
いわゆる社史は正直言って退屈なものが多い。が、これは読ませる。実に面白い。法蔵館から出版された名著名企画の数々、高名な僧侶や著者が続々と登場。それらへの当時の社主の篤い思いが語られる。いい本を買った。

| | Comments (2)

冷房に弱くなってしまった

右足付け根が痛い。原因に心当たりがない。寝ている間にひねったか。椅子から立ち上がるのに一苦労。

夕方、某会議。
その後で暑気払いに流れる。
店の中の冷房がきつい。冷えすぎ。しかし、他の者は特に気にする様子はない。やはりここでも、私だけが暑さに鈍くなっている。というか、冷房に弱くなっている。
恐縮だが冷房を切ってもらった。
その上、酔った勢いで場を荒らしてしまった。恐縮至極。

| | Comments (0)

生で観られる

午後、仏教伝道協会にて「仏教聖典を生活に活かす会」に法話出講。
題材は『ジョジョ・ラビット』と『怪物』を使って。
あらためて話してみると、この2本、実に仏教的。
特に『怪物』はまだ公開中ということもあって、途中以降のネタバレは自粛した。
もっと仏教的に深められる映画。また別の機会に語りたい。

夜、井上尚弥の試合をネットの生中継で観る。私、勝敗が気になる試合はとても生で観ていられない。野球のWBC決勝も、観ていられなかった。でも井上の試合は生で観られる。不安のかけらもない。
7ラウンドが終り、トイレに行って帰ったらちょうどレフェリーが試合を止めた。
フィニッシュは生で観られた。その前のパンチはYouTubeで繰り返し繰り返し観た。
井上尚弥と同時代を生きられるのは私の幸運の大きなひとつ。

| | Comments (0)

私が育てられた日々

延立寺法話会。
ご講師は横内教順師。まだ35歳。とても聞きやすい語り口。
横内師は今年お父様を亡くされたばかり。
お父様には私が僧侶駆け出しの頃に大変お世話になった。とてもユニークな空気を身にまとった方。
当時、築地本願寺に、若手僧侶が週2回たむろっている一室があった。そこでは20代から40代の僧侶たちが文字通り駄弁っていた。まじめな話もくだらない話もあった。そんな中で横内先輩はいつもニコニコと人の話を聞いていらした。こういう方がいるのなら東京教区は悪くないと若い私に思わせた方。

| | Comments (1)

気になる数人

外を歩く。気温は高いが、日なたと日陰で全然違う。日陰を歩けばそれほど苦ではない。今日は日傘を持参しなかったが、日傘はけっこう有効な気がする。

承認欲求は私にもある。が、私の場合はかなり限定的。承認をもらいたいのは数人。
それ以外の人からの評価も承認もどうでもいい。が、気になる人が数人。その中には、なぜこの人に、と自分でも不思議に思う人も含まれている。評価眼にそれほど信頼を置いているわけでもないのに。あ、感覚には確かに一目置いているな。
まあ、このくらいには人の目も気にした方がいいようには思う。

| | Comments (0)

袈裟を売る詐欺サイト

常用している夏用袈裟が経年劣化により破れた。よく働いてくれました。
替りの袈裟を買おうとネットで検索してみた。衣屋さんのサイトは少々見にくい。値段が書いていないところもけっこうある。
ヤフオクを見たら、よさげなものが手ごろな価格で出品されている。
これでもいいかと思ったが、もう少し探してみようと検索したら、格安のサイトを発見。相場の半額以下。掘り出し物発見、と手を伸ばしかけたが思い留まった。この写真、ヤフオクの写真そのままだ。
まず間違いなく詐欺サイト。私が以前引っかかったのと同じ匂いがプンプンする。ちょっと検索すると同じような怪しいサイトがいくつもある。ふだんは目に入らないが、袈裟を求めようとする人=坊さんは騙しやすいと思われているのだろうか。
今回は被害回避。私にしてはめずらしく経験が生きた。

| | Comments (0)

高尾街道大渋滞

延立寺の前の高尾街道が午前から高尾方向へ大渋滞。しばらく見ていたが全然進まない。なんだこれは。
検索すると、少し先で水道管破裂事故が起きたらしい。
しばらくしたら動画がネットに流れていた。水が1m以上吹き上がってます。何があった。
駅前に出るのにふだんとは反対方向へ向かい、新滝山街道経由で駅前へ。スムーズ。高尾街道の大渋滞は局地的だった。

| | Comments (0)

かつてEPは2曲入りだった

ラジオの音楽番組を聞いていると「EP発売」という言い回しをよく聞くようになった。
私の感覚ではEPはシングルレコード。17cm45回転のドーナツ盤レコードのことだった。A面B面にそれぞれ1曲づつしか収められていない。
しかし今は「 EPの何曲目」とか言う。4〜5曲収録されている。それって以前はミニアルバムと呼ばれていたのでは。
どうも現在のEPはアルバム未満、30分以内のパッケージをEPと呼ぶらしい。この言い方を広めたのはAppleだとか。
しかし配信の世になっても「アルバム」という言葉が残っているのは興味深い。もともとはレコードのフォルダがまるまる写真帳だったことから来ているはずだが、ひとつのパッケージをアルバムと呼ぶのは少し趣深い。

| | Comments (0)

もう無理はしません

夜、某立食パーティーに出席。
私は立食パーティーが苦手。かつ嫌い。
いろいろな意味で落ち着かないため。
知らない人ばかりの会ならまだいい。ただ飲み食いして帰る。
しかしたいていは、そこそこ知っている人がいる。今日も。どの程度挨拶をしていいものか、話しかけていいものかの塩梅がいまだに分からない。それにより失礼してしまった人もけっこういたと思う。
記憶にない人から親しげに話しかけられることもある。話を合わせて適当に切り上げるが、それもまた失礼な話。
もう無理をする歳でもない。今後は立食パーティーは慎んでご遠慮することにする。

| | Comments (0)

暑さに強いのか鈍いのか

葬式後、故人のご親族とお斎にご一緒した。葬式後に席を移して会食をするのは久しぶり。
会場は中華料理屋の個室。食事が始まって間もなく、参加者が暑い暑いと言い出した。男性たちは黒いスーツを着ていたので分からなくもない。上着を脱いでもらった。しかし女性陣も皆が暑いという。エアコンの設定を見ると20℃。故障しているのか。
しかしそんな中で、私はあまり暑さを感じなかった。私の席の関係ではない。私以外の皆が暑がっていたので。
私、暑さに鈍くなっているかも。たしかに、私が一番長い時間を過ごしている書斎にはまだ冷房設備がない。それでなんとかなっている。強いのではない。鈍いのだ。それはそれで危険だと自覚しておく。

| | Comments (0)

『さかなのこ』

映画『さかなのこ』をNetflixで観た。傑作。
これ、世間で扱われている以上に骨太。
作品の冒頭で「男とか女とかどうでもいい」というテロップが出る。それがテーマと思っていなかった観客にジャブ一発。
さかなクンの自叙伝が原作。『さかなのこ』の主役を演じるのは、のん。彼女は高校生時代のさかなクンを詰襟制服で過ごす。その説明は一切ない。彼女はこの7月13日に、ご自身の肩書を「女優・創作あーちすと」から「俳優・アーティスト」に改定すると発表した。この行為もまた、『さかなのこ』のテーマに大きく重なって見える。

一番いいエピソードは、さかなクンをそのまま出演させて、不審者扱いで退場させ、その無念を主人公が引き受けて世間を納得させるところ。彼の懐ってどんなに深いんだろう。

| | Comments (0)

繁盛店が閉めた

常連というわけではないが、年に数回コンスタントに使っていた飲食店が、閉店していた。え?
客用駐車場にはいつも車が数台あった。週末には席を取れないこともあった。間違いなく繁盛店だった。
閉店の理由は営業不振ではありえない。あれだけ客が入っていて。
オーナーがギャンブルや先物取引で失敗したとか。あるいは実はオーナーは高齢で終活を始めたとか。
この店が閉めたのについて、寂しいという資格は私にもあると自認する。お世話になりました。

| | Comments (0)

全部の情報を拾わなくていい

マンガを大人買いしてしまった。『満州アヘンスクワッド』既刊13巻全部。そして『ザ・ファブル』第一部全22巻と第二部の既刊6巻。
大人買いはしたものの、読むのも大人読み。一気読みはできない。1度に2巻くらいが上限。しかも『満州アヘン~』は文字が小さくて、老眼鏡を掛けてもすべてを読み切れない。物語の情報のかなりの割合を読み飛ばしている。それで充分面白いが。

| | Comments (0)

予備用に

Amazonで買った老眼鏡が届いた。
掛けてみて違和感。なにこれ、全然ピントが合わない。というか,レンズを動かすとピントがずれる。レンズが歪んでいる。不良品じゃないの。
製品説明を見直してみた。・・・これ、遠近両用メガネだった。
以前、同じようなのを買って,全く実用にならずにお蔵入りしたのと同じ構造。製品紹介ではそれを大々的にアピールしていたのになぜ見落としてしまったのだろう。
そうと知ってあらためて掛けてみた。モノを見るたびにピントが合う場所を探すことになる。・・・やっぱり面倒。
返品を考えた。しかし相手には何の非もない。返送料払うのもなあ。あ、一時的な使用なら耐えられる。予備用としてならいいかも。私はいつもカバンに、予備用の老眼鏡を入れている。それを替えた。無駄にならずにちょっと嬉しい。

| | Comments (0)

これぞ遺影

昨日のお葬式、安置された写真の故人はさわやかな笑顔。遺影として完璧。
火葬場での控室で「いい写真ですね」と喪主に話を向けたところ、故人の病気が分かった時に当人が写真館に出向いて撮った写真とのこと。まさに本人が遺影として用意していた写真。
用意するのは悪くない。

| | Comments (0)

本日日本一

八王子は39.1度。本日の日本一の気温だったらしい。

ryuchellの死亡報道にえっ?と声をあげてしまった。
彼の存在自体が嬉しかった。希望だった。彼の頭の良さには感服していた。強い人と思っていた。
そんな彼を疎ましく思った人もいただろう。強者に見えた彼を叩いていいと思った人もいたと思う。それらの声がどれだけ今回の事態に影響したかは分からない。ただ悲しい。得難い人物だった。嗚呼。南无阿弥陀仏。

| | Comments (0)

新規格は弱い

朝、延立寺墓地にミンミンゼミの鳴き声が響いた。今シーズン初めて。

私は「揃えたい」派。
好きな作家の著作は全部揃えたい。
それらを収める箱も同じもので揃えたい。
私は本の保存箱にクロネコヤマトの10号箱を使っている。
この箱の規格が昨年に変更になった。縦横高さの合計は変わらないがそれらの割合が変わり、少し背が高くなった。その変更を私は歓迎した。
揃えたい私は旧規格の箱を新規格箱に詰め替えている。
が、規格が変わったのは縦横高さの割合だけではなかった。段ポールの厚みが変わった。薄くなった。それにより当然、強度が低くなったことに今になって気づいた。うーん、これは残念。がぜん旧規格箱が愛しくなった。
すべてを新規格箱に揃えるのはやめた。モノによって使い分ける。

| | Comments (0)

なぜここが割れる

常用の老眼鏡がまた壊れた。
これはAmazonで買ったもの。ダイソーの10倍以上するが、それでもブルーライトカット性能付なら格安。同じものを3回買っている。なぜ3回かと言えばいずれも壊れたから。この眼鏡、耐久性に問題あり。ふつう、眼鏡が壊れる時は、まず動くヒンジ部分もしくは鼻あて部分だと思う。が、このAmazon眼鏡、3回ともレンズ周りのリムフレームの破損。それによりレンズが落ちた。修復不能。なぜここが割れるのか。力がかかっているようには見えないが。
安いのでつい3回続けて購入してきたが、さすがに目が覚めた。すこし値段が高くなるが、他の製品を注文した。

| | Comments (0)

お盆に怪物

暑い。

延立寺盂蘭盆会。
私の法話は、映画『怪物』を切り口に。見えていないものの無自覚から生まれる苦について。私的にはお盆の法話としてど真ん中だと思ったが、ちょっと『怪物』に寄りすぎたかもしれない。

夕方、知人のお宅へ荷物片づけ手伝い。引越のために私物を処分している。私は、猫の置物を数点引き受けた。それらは延立寺の動物廟・無量寿堂に置いた。けっこうしっくりと収まっている。
その他、本棚を持ち帰り。

| | Comments (0)

何を忘れているのだろう

PANTA、アーユスのイベントに来てますよ、と指摘があった。1曲歌ってくれたと。写真も出てきた。ギターを抱いて阿弥陀仏の前で歌うPANTA。ああ、たしか『さようなら世界夫人よ』を歌ったような。
唖然、なぜ私の記憶から消えていたんだろう。
怖れおおすぎて現実とは思えなかったということはあるかもしれない。

ということは、これまでの私の人生の中で、怖れおおすぎて忘れていることが他にもありそうということか。
私はどれほど幸せな体験を忘れているのだろうか。

| | Comments (0)

PANTA逝く

本日、10時44分、PANTAが亡くなったとのこと。73歳。数年前から肺がんの治療を続けていた。
PANTAの『マラッカ』は私が生涯で最も数多く聴いた盤の5枚に入る。これからも聴き続ける。『極楽鳥』はマーク・ボランに捧げられた曲だが、PANTA自身を歌っているとしか聴こえない。
PANTAはアーユスのイベントに来てくれるかもという話もあった。ちょっと怖れおおくて、ぜひ、と言えなかった自分の小ささは私の後悔。

今シーズン初めてヒグラシの声が響いた。

| | Comments (0)

ブリーフ内に集中

昨日、東海大学八王子病院にて術後診断。
合計9つ切除した大腸ポリープのうち、2つにがんを確認。しかし転移なしで取りきった。次回診断は1年後でいいとのこと。一区切り。

今年初めから、私の下半身に集中して病気が続いている。前立腺がん、大腸がん、イレウス(腸管麻痺)、鼠径ヘルニア(脱腸)、内痔核。このうちイレウスは前立腺手術の影響だが、他は独立しての発生。同時多発病。正確には多発ではなく多発覚もしくは多自覚なのだが、全てブリーフの中に収まる範囲内というのはどういうことか。

| | Comments (0)

歴代では2番目の軽さなのに

たまに電車で移動すると、バッグが重い。その重さを一番占めているのはMac。
私のバッグには25年以上MacBookが入っている。
最初に買った550cは3.1㎏あった。予備バッテリーも、ACアダプターも大きくゴツく、重かった。次に買った2400cは2kgを切った1.98kg。次のG4はまた重くなって2.4kg。その後にiBook、ポリカーボネートMacBook、MacBook Air、アルミMacBook、MacBook Pro、MacBookといろいろ使ってきた。しかしそれらを重くは感じることはなかった。
現用のMacBook Airは1.29kg。歴代ではこの前に使っていたMacBookの0.92kgに次ぐ軽さだが、それが、今の私には重い。私の体力の反映だろう。

| | Comments (0)

プロレスの凶器に最適

昨夜の雷雨は未明には静かになった。

延立寺の本堂で使っている折畳み椅子のうち40脚は延立寺が八王子に移転したときに購入したもの。50年選手。いまだ全然現役。壊れる気配が全くない。重いのが唯一の欠点だが、備え付けで移動しないのであれば重さは欠点にはならない。
今どきの折畳み椅子は軽いが華奢。これではプロレスの凶器にはならない。

| | Comments (0)

誰が言うか

稲垣えみ子の新著『家事か地獄か』(マガジンハウス)を興味深く読んだ。この本、内容は「欲望を制御せよ」というほぼまるまる仏教本。だが、この内容を僧侶の著者名で出しても見過ごされてしまいそう。「何を言うか」と同等に、「誰が」「どう」言うかはとても大事。

深夜、激しい雨、雷。

| | Comments (0)

強弱

午前のTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」で「1時間弱」はだいたい何分かという話題があった。
安住とアシスタントの中澤有美子は「1時間弱」はだいたい50〜55分、1時間未満と考える。ところが今の若い世代は1時間を超えて70分くらいと考えるという。では「1時間強」は?これは世代を問わず、1時間5〜15分くらい。つまり若い世代は「1時間弱/強」をともに1時間+αと捉えている。
これは、地震の程度の表記の影響ではないかというのが安住説。「震度5弱」は震度5未満ではなくて震度5と少し。震度5強は6に近い5という意味。1時間弱/強もそれに倣っているのだろうと。
説得力あると思ったが、番組放送中に訂正が入った。気象庁で使っている「震度5弱」は震度5.0未満を意味していると。ウェブサイトでもそう表示している。では、「弱」が+αになったのは何が起源なのだろう。
中澤有美子はエアコンや扇風機の風量調節の感覚では?と番組中に漏らしていたが、案外それもあるかも。弱はマイナスではなく若干のプラスなのだと。

| | Comments (0)

淡い記憶が

もう7月・・・

午前のTBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」に『サンクチュアリ』の主役を務めた一ノ瀬ワタルがゲスト。笑った。『サンクチュアリ』のヒットにより、昔の友人が続々と連絡を取ってくる。そのひとりに昔、一ノ瀬が心を寄せていた女性がいた。その女性は電話で「あの頃、いじめていてごめんなさい」と謝る。しかし一ノ瀬にはいじめられていたという記憶がまったくない。その女性への恋心という淡い良い思い出しかない。しかし当時の友人にそのことを確かめると、確かに一ノ瀬はいじめられていたと。
どうも一ノ瀬本人は気づいていないが、かなりのMっ気があるもよう。それは他の女性とのエピソードでも発揮されるのだが、それも含めてradikoでお楽しみください。

| | Comments (0)

« June 2023 | Main | August 2023 »