« August 2023 | Main | October 2023 »

銅輪ではなかった

ギンモクセイが香り出した。
延立寺の本堂前には大きなキンモクセイとギンモクセイが立っている。ギンモクセイは花が白。香りはキンモクセイより控えめだけどほぼ同じ香り。やっと秋本番。

愛犬クウの咽部分には前からおできが出来ている。そこから体液が滲み出て悪臭もする。飲み薬と塗り薬を併用しているが、なかなか完治に至らない。患部が首輪で擦れてしまうからではと「どうわ」を勧められた。「どうわ」と聞いて私は「銅輪」を連想した。銅だと殺菌作用があるのだろうか。布の首輪より金属の輪は刺激が少ないのだろうか。などと考えていたが、「胴輪」だった。あ、なるほど。ハーネスのことでしたか。これなら患部に触れない。

| | Comments (0)

らんまん大団円

私の誕生日。63歳になった。

本日、朝ドラ『らんまん』最終回。いい作品だった。史実を元にしながらかなり大胆に改変していた。それが大正解。人の伝記作品ではなく人の繋がりについて希望を示した。登場人物それぞれに愛せる場面を用意して、脇役が全然いなかった。「雑草という名の草はない」を人においても示した。ファンタジーであり、メッセージ。
いい誕生日プレゼントになった。

| | Comments (0)

大過はなかった

午前、葬式。
私にはめずらしく式場に早めに入った。控室に案内され、そのまま本日の進行確認。ふと壁の時計を見ると、あれ?こんな時間?私の腕時計を確認した。15分遅れている。うわ。たまたま早めに動いたのが助かった。

葬式後、火葬場に向かう途中で携帯に緊急連絡。葬式に僧侶がまだ着いていないと。実は本日、延立寺ではもう1件葬式を受けている。時間的に私が勤めるのは無理なので、代理を向かわせていた。それが着いていないと。私、パニック。すぐ確認したところ、代理僧侶は式場にすでに着いており、無事執行。
そのやりとりの間、自分が火葬場に向かっていることを瞬間忘れた。霊柩車を見失い、曲がるべき道を曲がらずに直進していた。
まもなく気づいて火葬場に向かった。着いた時には棺はすでに炉の中。お待ちいただいていたご遺族と改めてお勤めした。

火葬場からの帰路、中央道の右車線を走っていたら左車線の車が急に私の車の前へ。急ブレーキ。タイヤが鳴った。クラクションを鳴らす余裕はなかった。タイヤの音で割り込み車も驚いた様子。すぐ左車線に戻り、スピード控え目に走っている。意図的ではなく私の車が死角に入っていたのだろう。高速運転中に急ブレーキをかけたのは初めて。

寺に帰り、リモート会議。15分遅刻。恐縮。
zoomにつなげたが、私のビデオ画像が真っ暗。ディスプレイのカメラが生きていない。
急遽MacBook airの内蔵カメラに切り替えた。映った。やれやれ。

トラブル続きだった一日。大過はなかったが。

| | Comments (0)

東京ドームがスナックに

スナックJUJU東京ドーム店が来年2月に。ちょっと気になっている。当然、席で飲み食いOKですよね。VIPアリーナテーブル席33000円は論外として、着席指定席15400円はありか。 でもこれ、席代だけなんですよね。
一番安いスタンドでも11000円。安くはない。でも飲みながらJUJUのスナック歌謡を生で楽しめるなら。

| | Comments (0)

現金を使うのは月数回

夜、八王子市仏教会常務理事会。
今日のメイン議題は規約改正。
最小限の変更ですませるつもりだったが,見直すといろいろあって、かなりの変更になる。いい機会になった。

私は個人の支出簿を付けている。
本日レシートを整理していて、現金払いがとても少なくなっていることを改めて実感。1カ月で現金払いをしたのが数件しかない。米、飲み会の割勘、昼食のカレー、コインパーキング、床屋、市民税。
おかげで支出簿を付けるのがとても楽。カード記録をコピーするだけ。

| | Comments (0)

鼠径ヘルニア

午前、病院へ。鼠径ヘルニアの診断。なじみのある名称は脱腸。
脱腸という名称から腸の問題と思われがちだが、腸ではなく腸の外側の筋膜の問題。筋膜が何らかの理由で腸を抑えられなくなった症状。多くは加齢による筋膜の衰え、
手術以外に治療法がない。全身麻酔での施術という。さてどこに予定を入れようか。飲み会予定の隙間を探している。

| | Comments (0)

類語辞典が好きだった

本棚のけっこうなスペースを占めていた類語辞典群を棚から下ろした。
私は類語辞典が大好きだった。類語辞典が発売されると買っていた。市場にあるものは全種類持っていたと思う。
文章を書く時は何回も参照していた。違う言い回しとの出会いは楽しかった。
それをしなくなって久しい。言葉を探す時は紙の辞書ではなく、ネットで検索する。それはこれからも変わらない。使わなくなった辞書は箱に収めた。処分する気にはまだなれない。

| | Comments (0)

神木の功績

延立寺彼岸会。法話は私。題材は映画『福田村事件』。
題材としてちょっと固すぎ暗すぎかという危惧はあった。それはあたった。しかしまあ、許される範囲と思う。私的には彼岸会にふさわしい話をしたのだが、お彼岸になぜあの話?と思った人もいただろう。詰めが甘かったのは自覚している。

昨日、「あさイチ」のプレミアムトークのゲストが神木隆之介。
万太郎が実は問題だらけの人物であることを自覚して、それが視聴者に拒否感を与えないよう、他の役者とともに工夫していたという。そう、万太郎のしていることは、あのニーニーとそれほど変わりはしない。でも叩かれることなく愛すべき人物像になった。
また、夫婦が自然に見えるよう、なんでもないセリフを加えてもらっていたとのこと。それが作品に厚みを加えていた。神木の役者勘の確かさに感心した。神木は脚本の直しも提案するらしい。それを快く認める脚本家でよかった。
『らんまん』は浜辺美波も好演。正直,彼女があんないい役者とは知らなかった。老け役も見事。
『らんまん』は安定感はあるが大化けはしない、というのが私の予想だった。外れてはいない。大化けはしなかった。しかし安定感の質量が私の予想を大きく超えていた。大傑作。

| | Comments (0)

彼らは門徒だった

映画『福田村事件』を観た。日の出のイオンシネマで。
大評判の作品。どこも大入りと聞いていたが、日の出はスカスカ。まあこんなものでしょう。
出来はかなりいい。水道橋博士がとてもいい。森監督,劇映画もやれるんだ。
虐殺される薬行商人は被差別部落民で真宗門徒。殺されようとする場面で彼らが称えるのは正信偈。そして水平社宣言を朗唱。
実はこの映画、本願寺派にも資金協力を仰いだが断られ、やむなくクラウドファンディングで資金調達に至っている。協力しなかったのは、本願寺派のいろいろな意味での弱体化を象徴しているような。

| | Comments (0)

戸籍謄本が10円で取れた

市役所の出張所へ戸籍謄本と住民票を取りに行った。
申請書類を窓口に出すと、職員さんが「マイナンバーカードをお持ちでしたらコンビニで10円で取れますよ」と教えてくれた。謄本も住民票も1通10円。合計20円。窓口では450円と200円で合計650円。そりゃコンビニ行きますよ。よくぞ窓口で教えてくださった。市の収入が減るにもかかわらず。
コンビニでの操作も実に簡単。いやー、マイナンバーカードを持っていてよかったと初めて思えた。

| | Comments (0)

多摩ネットワーク

TM NETWORKのTMがTAMAだった。驚き。
小室哲哉率いるTM NETWORK。「Get Wild」が大ヒットした当時、TMはタイムマシンの略と説明されていた。私の理解はそこで止まっていた。だが実は、メンバーの小室が府中、宇都宮が立川、木根が八王子に住んでいたのでTAMAと付けたのが元々の意味だった。しかし会社側から止められて、当初は表向きはタイムマシンの略としていた。それが実はTAMAだと明かされたのは1993年。けっこう古い。2006年のトリビアの泉でも取り上げられていたのに,私は今まで知らなかった。なぜだ。

| | Comments (0)

彼岸の入り前日に彼岸花

今日も残暑が厳しい。
でも、明日は彼岸の入り。暑さが続くにもかかわらず、彼岸花が咲き出した。なんと日付に律義なことか。
しかもこの彼岸花が咲いているところは先日に草刈りをしたばかり。その後に数日で伸びて花を咲かせた。いったい一日何センチ伸びたんだ。

| | Comments (0)

アカウントを作られていた

昨日、Xに流れてくる情報傾向が以前と全然変わっていることに気づいたが、なんと、自分の通常のアカウントとは違うアカウントでアクセスしていた。こんなアカウント、作った覚えはない。意識せずして、つい怪しいところにアクセスして、新アカウント作りを誘導されてしまったらしい。道理で、投稿の間に流れてくる広告が実に怪しかった。インフルエンサーたちが投資セミナーに勧誘してくる。どう見ても詐欺。それには引っかかることはなく、投稿をただ読み流していただけなので、今のところ私に被害は出ていない。しばらく様子を見よう。
しかし誘導されていたXは、詐欺広告以外はとても平和だったんだけどな。広告以外の投稿はフェイクではなくて実在していたので本物のアカウントでも読めている。

| | Comments (0)

平和なX

ふと気がついた。X(元Twitter)に流れてくる書き込み、介護関係が多くて、以前は多かった浄土真宗関係がほとんど流れてこない。攻撃的な書き込みもなくてとても平和。何が起きた。
みんな揃ってXから離れたのかとも思ったが、サーチで浄土真宗を検索すると出るわ出るわ。これらがなぜか私のXに流れてこなくなった。何かがリセットされたみたい。なぜだろ。
しかし改めて浄土真宗関係の書き込みを読んでみると鬱陶しいのも少なくない。このままの設定でいい。浄土真宗関連はたまに覗きに行く程度でいい。

| | Comments (0)

18時半で暗い

やっと『君たちはどう生きるか』を観た。
難解との評判を聴いても高を括っていたが、それは私の自惚れだった。私の手に負える相手ではなかった。傑作のような気はする。私の理解力や想像力や観察力が届いていない。これからパンフレットを読んで読み解いていく。

映画館を出たのが18時半。外が暗くなっているのに驚いた。こんなに陽が沈むのが早くなってたのか。まだ秋分の日前なのに。

| | Comments (0)

量よりバランス

久々に高田馬場エチオピアで昼食。今日はポーク&野菜カレー+豆サラダ+グリーンサラダ+タマネギアチャール+福神漬。これらを全部混ぜ込む。
私的にカレーの頂点。殿堂入り。私がこの味を好む理由は塩味が控えめだからと思っていたが、今日食してみて、必ずしも塩味控えめというわけでもないと感じた。塩味量の多少は重要ポイントだが、それ以上にバランスなのだ。

| | Comments (0)

充実展開

前立腺摘出手術から3カ月半。手術の影響による尿漏れは止まったように思う。吸水パッドの装着を止めて様子を見る。
しかし自分がこんな状態になるまで、吸水パッドがこんなに充実展開されているとは知らなかった。吸水量が20㏄間隔で6段階くらい、各メーカーから製品化されている。こんなに細かく用意されている理由はあるのだろうな。
おかげさまで不自由を感じずに過ごせた。

| | Comments (0)

173で一区切り

寺報『ポピンズ』作成、発送。壮年会の方々のお手伝いをいただいて800通の発送作業自体は90分で終了。ありがたい。

延立寺通信を『ポピンズ』という名前で出すのは今回が最後。173号。半端な数字だけど、1984年以来で丸40年というのはそれはそれで丁度の区切り。
新しい名前は何になるのでしょう。少し楽しみ。

| | Comments (0)

来年も同じ

来年の手帳がぼちぼち発売されてきた。
私は今年も「ほぼ日手帳」。2002年からこれ一択。今年まで22冊コンプリート。選ぶ手間がないのは楽。怠惰でもあるが。

寺の予定表は一ツ橋ノートのラッキーダイアリー。こちらを使い出したのはさらに長くて50年以上。こちらはむしろ積極的に選択している。使い慣れているものから変更する理由が見当たらない。

| | Comments (0)

世界を理解する一助に

9.11。あれから22年もたったのか。あの日のことは鮮明に覚えている。私はあの事件へリアルタイムに「ニュースステーション」で接した。あの事件が私に世界を考えさせる大きな機縁になったことは確か。

世界を理解する上でのいい水先案内人がいる。アミダステーションの一角を占める中学生向け叢書。理論社&イースト・プレス&新曜社「よりみちパン!セ」、河出書房新社「14歳の世渡り術」、平凡社「中学生の質問箱」。既刊は全て揃えている。
これら、内容はいずれもかなりいい。もちろんハズレもいくつかあるが許容範囲。一般教養としてはこれだけ押さえておけば基礎はOKなのはもちろん、けっこう視野も広がる。

| | Comments (0)

今回は買い替えようか

私が使っているスマホはiPhone8plus。検索してみると2017年の発売なので6年使っていることになる。その間にバッテリーは1回交換した。
まだまだ現役と思っていたが、今年の秋にiOSアップデートの対象外となるとのこと。え?6年でサポート外になるの?10万円もする品なのに、ちょっと短かすぎないか。まあ、私はMacBookはほぼ5年ごとに買い替えてきているので、スマホをパソコンの一種と考えれば6年で買い替えも納得しないではないが。
新しいiPhoneは入出力端子がライトニングからUSB-Cに変更されるとのことなので、買い替えにはいいタイミングではある。買い替えを検討する。

| | Comments (0)

アルミ製が一番

延立寺の墓地には空きスペースに椅子を置いている。
バラバラな方が楽しいと思い、いろいろな椅子を置いているが、それぞれ性能に違いがある。特に気になるのは雨の後。
一番良いのは鋳物や青銅風に加工したアルミ製。雨の後の乾きが1番早い。軽くて移動も楽。
スチール製は雨がけっこう残る。また、錆が気になる。無駄に重い。
無垢の木製は見た目は一番いいのだが、雨の後に乾くのに時間がかかる。汚れが付きやすいのも難。
陶器製は形状によって差がある。上部が凹んでいるものは水が残ってしまう。凸のものはOK。
合板は野外には不可。MDFは論外。

| | Comments (0)

資源ゴミに出すところだった

雨。台風が近づいている。

オメガが見つかった!
雑紙の袋の中から。
私はこれまで、腕時計を外すと、無造作に書斎の机の上に置いてきた。
そこから紛失。当然、机の下の床も探すが見つからず。
机の下もいつも片づいているわけではない。書類が積んであったり、処分する雑紙をまとめてあったりする。
その雑紙袋を念のため確認してみた。この中に落ちてたりはしないよなあ,あれば嬉しいけどなあ、とダメもとで探ってみると、底に固形物を確認。え?何?取り出してみると、オメガ。え、え、え?ここに落ちていたのか。うわー。
確認しなかったら雑紙といっしょに資源ゴミとして出してしまうところだった。ぞっとした。確認した自分を褒めてあげたい。
これまで、この机に置いたはずの老眼鏡を2回紛失している。それらはもしかしたら雑紙袋の中に落ちて、処分してしまっていた可能性もあるということか。机の下に雑紙袋を置くのはもうやめよう。
そして、これからはオメガには定位置を作ってあげよう。

| | Comments (0)

美味しいが残念

昼食を八王子のカレー屋でとった。私は初めての入店。
ネットでの評判はかなりいい。期待して注文。
一口食す。悪くない。が、私には塩味が強い。残念。
この程度の塩味が世間的には標準なのだろう。私の好みの方が世間とはズレているのだ。
塩味が苦手な方は、エチオピアかデリーでお待ちしています。

| | Comments (0)

香りが全然分からない

先週,実は私、コロナに感染・発症していた。39度の高熱が2日続いたが発症後3日で平熱に。咽の痛みは1日だけ。ごく軽症ですんだ。
これぞコロナというのは臭覚異常があったこと。朝に本堂で勤行をしたときに、あれ、お香が全然香らないことに違和感を覚えた。線香を直接嗅いでみても何も感じない。煙を吸い込んでも感じない。鼻詰まりは全然していないのに。その線香が今どきの微香性かと疑ったが、他の線香を嗅いでもだめ。
はー、これが臭覚異常というやつか。
幸い味覚はあまり影響なかった。臭覚も1日で戻った。初めての新鮮な経験。

| | Comments (0)

見失って10日

腕時計が見当たらない。オメガのヴィンテージ。祖父が使っていたものを譲り受けた。80年くらい前のもの。
最後に使った記憶にあるのは先月27日日曜日。出先に置いてきたことは考えにくい。
ないことに気づいたのは翌週水曜日頃。月曜火曜は外出していない。だからうちの中に潜んでいると確信している。
これまでも見失うことは何回もあった。しかしほどなくして見つかってきている。
しかし今回は見失って10日。見失ったというより消えたという方が実感。
なんか,ぼんやりとしたグリーフ。

| | Comments (0)

納入忘れ

本日、源泉徴収税督促状が届いた。あらー、納入していなかった。なぜだ。
つい数年前も納入を忘れて追徴税が加算された。その時は数日だったがすごく損をした気になったことを覚えている。今回は2ヶ月近く。嗚呼。追徴税はいくらになるだろう。私はまるで学んでいない。
この夏はいろいろな支払が滞った。国保税、火災保険料、アーユス会費、コピー機リース料。いずれも原因は物忘れ。税金支払や口座への入金はちゃんと予定表に書き入れておこう。なぜ今まで書き入れてこなかったのだろう。

| | Comments (0)

まとめておこうか

夜、八王子市仏教会の研修会。
テーマはエンディングノート。総会時も同テーマでお話を頂いたが、その時は時間はわずか30分で、本当のうわべだけで済んでしまったため、改めての2時間の研修。これ、一冊にまとまっていると確かにいろいろ便利だと思う。というか、まとめておくのが社会人のマナーな気がした。

| | Comments (0)

コンパクトで熱気

夜、「踊れ西八夏まつり」に出店。一応メインはワークセンターの製品販売。その脇で飲み物を販売。ハイボール、レモンサワー、ラムネ。私はラムネ担当。
好天もあって大変な人出。西八まつりは狭い地域にコンパクトにまとめているのが成功している。

| | Comments (0)

うっかりがラッキー

もう9月・・・。
朝、犬を外に出す。涼しい。空気が秋。

保険会社から入院医療保険金振込の通知が来た。
金額をみたら、想定より多い。え?
内訳を見たら、入院医療保険金にがん特約の分が加算されていた。
実は私、がん特約を付けていたことをすっかり忘れていた。
だから重ねて他社のがん保険を契約してしまっていた。
特約を付けていることを認識していたら別の保険に入りはしない。それが結果ラッキー。後に入ったがん保険はとても内容がいい。今後は保険料支払が免除されて保証は生涯続く。
本当に人生塞翁が馬。

| | Comments (0)

« August 2023 | Main | October 2023 »