« 頭から汗 | Main | 上からでなく »

寿命まで着倒した

この冬によく着ていたセーターの左袖口が・・・ぼろぼろに穴が空いていることに今日気づいた。
原因はおそらく、腕時計のスチールバンドの角が引っかかってだろう。若いウールなら柔軟的に耐えられたかもしれないが、このベテランセーターは摩擦をまともに受けてしまったのではないか。
という想像をしたのは、このセーターの引退時を探っていたから。私、理由なしに服を捨てることができない。
あ、穴が空いたのは袖口だけじゃない。胸部分にも穴がいくつも。虫食いかと思ったらそうじゃない。毛糸が一本切れて、その影響で穴になった。やはり経年劣化だろう。
このセーターは寿命が尽きたと疑いなく判断できた。お疲れさまでした。

|

« 頭から汗 | Main | 上からでなく »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 頭から汗 | Main | 上からでなく »