« 無理をしないことにした | Main | 造りはちゃちだが »

自国史への批判になっている

『オッペンハイマー』をやっと観た。
広島長崎の被害が矮小化されているとの批判はあると聞く。あれはオッペンハイマー自身の心象がメインなので、彼の想像力が現実に届いていないことの表れと見ることはできよう。
原爆投下を肯定している映画との批判もあるようだが、それは現実の事実であるとともに、東京大空襲が戦争犯罪にあたるという認識がアメリカ自身にあったことを描いたシーンとともに、原爆を肯定するアメリカのおぞましさへの告発になっている。日本ではいまだに作れない映画だと感心。

|

« 無理をしないことにした | Main | 造りはちゃちだが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 無理をしないことにした | Main | 造りはちゃちだが »